VAPE人気ブランド比較やおすすめリキッドをご紹介!
電子タバコVAPEリキッド人気ブランド比較.com

おすすめの電子タバコ記事へ

VAPE(ベイプ)の最新ニュースをお届け!

VAPEニュース

電子タバコVAPE(ベイプ)に関する情報をいち早くお伝えします!購入を悩んでいる方や、おすすめのリキッドを知りたい方、少し変わったデザインのVAPEが欲しい方など、ぜひ参考にしてみてください♪

【最近の投稿】

【JPvapor口コミ・評判】i-1600の評価やおすすめリキッドとは。液漏れが危険?

jpvapor 口コミ

 

人気の電子タバコ通販サイトJPvaporの口コミをお伝えします!

 

知名度・人気共に高いJPvporですが、その人気の秘訣を探るために2016年の夏最新モデルI-Series.1600やリキッドを色々と試してみました。

 

JPvaporはサイトのリニューアルや商品の入れ替えを頻繁に行っており、国内の中でもかなり力を入れているVAPE通販サイトです。口コミ評価の高いI-Series.1600もお洒落で持ち運びやすく非常に使い勝手のいい電子タバコです。

 

今回は、そんなJPvaporのスターターキットやリキッドの口コミやレビューをご紹介します。「JPvaporの電子タバコを買うか悩んでる」という方はぜひ参考にしてみてください!

 

JPvapor人気のI-1600の口コミ : 特徴は?

 

JPvapor 最新作

 

出典 : jpvapor.com

 

まずはJPvaporの看板商品I-1600の口コミ・レビューです。

 

従来の定番の商品と比べると、小型でかなりスタイリッシュな印象があります。タバコよりは多少大きいくらいの大きさなので、例えば職場で使用してもしても悪目立ちをする事がないのでおすすめです。

 

jpvapor 口コミ

 

通常のタバコ(普段吸ってるのはアメスピです笑)と、アイコスと比較するとこんな感じです。タバコやiQOSよりも少しだけ大きいかな?といったサイズ感です!

 

カラーはブラック・シルバー・ホワイトの定番3種類で、男性人気はブラック、女性人気はホワイト、そして両者から安定して人気があるのがシルバーとなっているようです。

 

「小さいと煙が少ないんじゃない?」「大きいものと機能は変わらないの?」などの疑問があるかと思いますが、そこは心配ありません、小型ながらパワフルな機能を併せ持ち、リキッドの風味もしっかり感じられるモデルとなっています。

 

JPvapor人気のI-1600の口コミ : スターターキットの内容とは?

 

jpvapor 一番人気

 

出典 : jpvapor.com

 

I-Series.1600スターターキットの内容は下記です

 

・I-1600本体 x 1
・リキッド3本
 ┗Cool Mango Strawberry x 1
 ┗Sex on the beach x 1
 ┗Blackberry Dry Leaf x 1
・交換用ドリップチップ x 1
・交換用コイル x 2
・エアフローコントロールリング x 1
・充電用USBケーブル x 1
・Pvaporコンチョ付き巾着袋 x 1
・説明書 x 1

 

リキッドが3本も含まれているのはかなり魅力的ですよね!初心者の方も、すでにVAPEを愛用中の方も値段が¥4,980とかなり安価なので、スターターキットを購入する事をおすすめします。

 

初心者の方はこれひとつで早速吸い始める事が出来るので、とてもおすすめです。

 

I-Series.1600(i-1600)の使い方は?

 

VAPEを始める際に一番てこずるのが吸うまでの使用方法ではないでしょうか。JPvaporではとても親切に使用方法の動画が公開されているので、使用方法を知りたいという人はぜひ動画をご覧になってみてください!

 

 

実際にI-1600を使うときは説明書とこの動画を見て、吸い始めました。ちなみにI-1600に限った事ではないですが、電子タバコを吸い始める際にありがちなミス(?)をお伝えしておきます。

 

動画にもあるように、リキッドの量が少なすぎるとコイルにうまく染み込まずに、焦げた味がする事があります。また反対にリキッドの量が多すぎてもNGなので、量の加減はしっかり行ってください。

 

またリキッドを入れてからすぎに吸い始めるのもNGです。これもコイルにリキッドが染み込まない可能性があるので、少なくとも5分以上は放置する事をおすすめします。これらを守らないと焦げた味がして、また喉がイガイガするような感じがして、めちゃくちゃマズイです。笑

 

電子タバコ初心者の方は特に気をつけてください!

 

jpvapor i-1600は液漏れして危険?

 

jpvapor 口コミ

 

「jpvapor i-1600」で検索すると、液漏れというワードが続いて出てくる事があるのですが、液漏れはするのか不安な方も多いのではないでしょうか?

 

自分が実際に吸ってみた感想としては、液漏れはかなり少ないタイプの電子タバコだと感じました。しっかりと正しい方法で使用してれば、液漏れの心配はそこまでしなくても大丈夫です。

 

ただメンテナンスがおろそかになったり、吸引口にリキッドが入ってしまったりなどしたら、もちろん液漏れをしてしまう可能性も0ではありません。

 

もし液漏れをしてしまった!という場合でもJPvaporのYOUTUBE公式アカウントで、丁寧にその対処方法を示してくれています。

 

 

I-1600で仮に液漏れをしたとしたら上記の動画が大変参考になります。液漏れをする箇所によって、親切にお手入れの方法を教えてくれます。こういった小さな心配りも人気ブランドJPvaporならではといった印象を受けます。

 

「液漏れが絶対に嫌だ!」という方は使い捨ての電子タバコなどを使用すれば、液漏れの可能性は限りなく0に近くなります。しかし、I-1600のようにリキッドをそのまま交換する通常タイプの電子タバコだと、液漏れを完全に防ぐのは難しいです。

 

ただ個人的にはI-1600の液漏れは全く気になるレベルではなかったので、使用方法を守れば安全にお使いいただけると思います。

 

JPvaporの人気商品I-1600は、トータルでおすすめできる商品です。値段も安く、リキッドなども付属のスターターキットなので、初心者の方でも安心して楽しめます。

 

JPvaporリキッドの口コミ・レビュー

 

スターターキットの次は肝心の電子タバコリキッドのご紹介です!

 

JPvaporはスターターキットを始め、リキッドに関しても入れ替わりが激しい(良くも悪くも)イメージがありますが、その味やクオリティはどうなんでしょうか?

 

実際に吸ってみた口コミ・感想・レビューをお伝えします!

 

JPvapor新リキッド : 4フレーバー

 

jpvapor リキッド 口コミ

 

JPvaporの新作リキッドを早速試してみました!中でも発売記念で4本セットで購入できる、こちらのリキッドを試してみました。

 

味をお伝えする前に、自分がかなり感じたことが、フタが異常に開けずらいという事です。笑 基本的に電子タバコのリキッドはチャイルドロック(お子様が開けないように)がかかっているのですが、それにしても開けるのに苦戦しました。笑

 

 

色々検索してこちらの動画にお世話になりました。笑 開け方に苦戦している方がいればぜひ参考にしてみてください。

 

それでは各味の感想をお伝えします!

 

JPvaporリキッド① : Menthol(メンソール味)口コミ・レビュー

 

jpvapor リキッド 口コミ

 

出典 : jpvapor.com

 

まずはこちらのMenthol(メンソール味)ですが、よくも悪くも非常に無難といったところです。

 

THE Frienbr SHOPのストロングメンソールやハードブラストメンソールと比較すると、JPvaporのメンソールはパンチ力(スースー力)結構弱めです。

 

ただその分吸い続けやすいな〜という印象を受けました。なので「あまり強すぎるメンソールは好きではないが、少しはスースー感が欲しい」といった方にはとてもおすすめできるリキッドです。

 

味自体は美味しいので、メンソール感の強さで決めていただければと思います。強いメンソール感を希望する方はこれでは正直物足りなく感じる可能性がありますので、そういった方はTHE Frienbr SHOPのリキッドを試してみてください。

 

JPvaporリキッド② : Aloe Muscat(アロエマスカット味)口コミ・レビュー

 

jpvapor リキッド 口コミ

 

出典 : jpvapor.com

 

アロエマスカット味…?と、アロエとマスカットが好きなので最初はかなり興奮しました。笑

 

ただ、電子タバコでアロエのあのなんともいえない薄い存在感をどうやって出すんだろうな…と気になってたんですが、実際に吸ってみるとほんのわずかにアロエを感じる事ができました。笑

 

基本的な味はやっぱりマスカットの主張が強めです。主張が強いといっても、そもそもマスカット自体が薄味でさわやかな感じなので、そういった風味が好きな方にはおすすめです。

 

マスカットの味が嫌いでない限りは、まず嫌いな人はいないフレーバーだと思いますが、気にいるかどうかはその人次第といった感じです。

 

マスカットが好きな人は試して見る価値アリです!ちなみに先ほどメンソール味でもお伝えしたTHE Frienbr SHOPにもマスカット味のリキッドがありますが、JPvapoeのこのリキッドと限りなく似ているという感想です。マスカット味に関しては両者で味の違いがあまりないので、見た目やブランドで選んでOKかと思います。

 

JPvaporリキッド③ : Classic Blend(クラシックブレンド味)口コミ・レビュー

 

jpvapor リキッド 口コミ

 

出典 : jpvapor.com

 

Classic Blend(クラシックブレンド)…?と初めは全くどんな風味か不明でしたが笑、パッケージをみる限りは渋めの印象を受けました。実際に吸ってみた感想としては、どう伝えればいいかかなり難しいのですが…渋くて美味しい!って感じです。笑

 

「熟成されたドライリーフの深い薫りがしっかりと感じられるフレーバー」と公式サイトでも説明がありますが、まさにその通りです。葉っぱを焦がした感じだけど、とはいえ苦くなく、ふんわり甘みが香ってくる、といった感じです。少しは伝わりますでしょうか?笑

 

+Beauty(プラスビューティ)という電子タバコにカテキン味というのがあるんですが、なんとなーくイメージはそれに近い感覚です。渋めのリキッドが好みの人は、結構お気に入りのリキッドになるかもしれません。

 

JPvaporリキッド④ : Lemon × Lemon(レモン味)口コミ・レビュー

 

jpvapor 口コミ

 

出典 : jpvapor.com

 

王道味のレモンです。

 

わかりやすく?お伝えするならば、”ミンティアのレモン味を少し薄くした味“といったような感じです。

 

紅茶を飲んでる時はレモンティー的な風味が楽しめてとても合います。また最近ではレモンビールが少し流行り出していますが、お酒も種類によっては、このレモン味と一緒に楽しめます。レモンをかける料理、例えばからあげだったり、焼き鳥だったりと一緒でも良いかもしれません。

 

レモン味というと、食事と一緒に楽しみづらいようなイメージがあるかもしれませんが、料理やお酒によっては全然問題(違和感)なく吸えます。あとは、かなり爽やかな風味なので、運動後などでもサラッと吸えちゃいます。

 

デメリットポイントとしては、「これ単体だとパンチ力がない」という所です。自分はメンソールが好きなのでそう思うだけかもしれませんが笑、ちょっと薄いな〜という感じです。

 

レモンメンソールとか作ってくれたらいいのにな〜という気持ちになりました。笑

 

jpvapor i-1600やリキッドの口コミ・評価

 

今回はJPvaporの新作I-Series.1600の情報、またJPvaporのリキッドの口コミ・レビューをお伝えしました。

 

I-1600は「あまり大きいサイズのVAPEは嫌だ」「シンプルでお洒落なVAPEが欲しい」という方にはかなりおすすめのシリーズとなっています。

 

またリキッドに関しては、今回ご紹介した風味以外にもJPvaporは様々なリキッドを取り扱っていますので、ぜひウィンドウショッピングをしてお気に入りリキッドを探してみてください!


DMMから電子タバコフレーバー「FLEVO(フレヴォ)」登場!口コミ・評判をご紹介

FLEVO 口コミ

 

DMMから発売が発表された、新感覚の電子タバコフレーバー「FLEVO」。

 

気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

大手のDMMから出る商品というだけあって、期待値が高い方も多いかと思うので、今回はその他電子タバコブランドとのメリット・デメリット比較や、実際に吸ってみた感想・口コミをご紹介いたします。

 

「FLEVO買うかどうか悩むな〜」という方はぜひとも参考にしてみてください!

 

まずはFLEVOのスペックをおさらい

 

FLEVO 口コミ

 

FLEVOを購入する際には初めは基本的に980円(税抜)のスターターキットを購入することとなります。

 

まずはHPのものを転載すると下記がスペックになります。

 

キット内容: バッテリー×1、フレーバーカートリッジ×2(メンソール・タバコフレーバー) 、USBアダプタ
サイズ: φ8.5×99.5mm
重量: 14.3g
バッテリー容量: 140mAh

 

これだけみても少しわかりにくいかと思うので、それぞれ説明しますと

 

FLEVOのキット内容

 

バッテリーと呼ばれる本体部分が1つと、フレーバーが2種類付いてきます。通常の電子タバコであれば本体丸ごとひとつと、フレーバー(リキッド)が2種類という感覚です。

 

FLEVOの電子タバコは通常の電子タバコとは異なり、フレーバーがカートリッジ式になっています。

 

実際に使用してみればわかるのですが、非常に便利です。リキッドを変えたい時も、くるくる回して違う味を装着させるだけでいいんです。

 

ひとつのフレーバーカートリッジで、240回吸えます。

 

FLEVOのサイズ感・重量

 

サイズはタバコと同じくらいの大きさです。サイズがコンパクトなので、持ち運びにもかなり便利で、お洒落な印象です。

 

飲み会なんかで使用すれば「あれなに?」と話題になるかと思います。重量はタバコよりはもちろん重いです。人差し指と中指でタバコのように吸うのが少しだけ辛いかな?という肌感です。

 

FLEVOのバッテリー容量

 

バッテリーは充電式となっています。フルに充電した場合、約200回吸うことができます。

 

ひとつのフレーバーカートリッジで、240回吸えるとお伝えしましたが、フルの充電でも1つのカートリッジが消耗する事はないという事になります。

 

充電完了までは1時間30〜2時間です。以上が簡単なFLEVOのスペックですが、「もっと詳細が見たい!」という方は公式ページの方を参考にしてみてください!

 

電子タバコFLEVOのメリット・口コミ・評価

 

FLEVO 評判

 

出典 : dmm.com

 

上記は簡単なFLEVOのスペックになりますが、それを踏まえた上でFLEVOのメリットをまずはご紹介したいと思います。

 

FLEVOおすすめPoint① : リキッドの交換がかなり楽

 

従来の電子タバコだとリキッドの交換って少しめんどくさい印象があると思います。

 

このFLEVOというフレーバーはカートリッジにリキッドが含まれているので、そこの部分を交換してあげるだけでフレーバーを変更する事ができます。

 

届いた状態でですぐに吸うことができるので、諸々面倒な準備やメンテナンスが不要なのがは“かなり”楽です。

 

FLEVOおすすめPoint② : サイズが小さくスタイリッシュ

 

電子タバコの種類にもよりますが、大抵のブランドのものはタバコよりも少し大きめで、重量があるものが多いかと思います。

 

FLEVOに関して言えば、さきほどお伝えした通りタバコと同じくらいのサイズ感なので、悪目立ちすることもなく、非常にお洒落な印象を与えることができます。

 

持ち運びも楽なので、その点もメリットといえます。

 

FLEVOおすすめPoint③ : 美味しい

 

電子タバコのリキッドって当たり外れがあると個人的に思っていますが、FLEVOのリキッド、美味しいです

 

味覚は完全に個人差によると思いますが、私の周りの喫煙者・禁煙者に吸わせてみても「美味しい」という評価なので、平均値は超えていることかと思います。

 

過去に某ブランドのタバコ味のフレーバーリキッドを試したこときに「二度とタバコ味なんて吸うのやめよう…」と思っていましたが、今回付属のタバコ味のリキッドを試してみたら、渋くてむしろ美味しかったです。

 

電子タバコFLEVOのデメリット・口コミ・評価

 

それでは今度はFLEVOのデメリットをご紹介。

 

安いならではのデメリットもあるのでぜひ参考にしていただければと。

 

FLEVOのイマイチな点① : ひとつのカートリッジで240回

 

タバコ一本吸うのに、種類にもよるかと思いますが通常10〜15回吸ったら一本なくなってしまうという計算でいくと、大体16本〜24本分でひとつのカートリッジを消費することになります。

 

フレーバーカートリッジは5本入り1600円弱、つまり一本約300円ほどなので、通常のタバコと同様の値段、あるいは少し安いかな?という計算がなりたちます。

 

これだけ聞くと「じゃあ問題ないのでは?」と思われる方も多いかと思いますが、そこにはひとつ問題があります

 

気軽に吸えて、しかも美味しいので「吸いやめるタイミングが難しい」という点です。お酒を飲みながらFLEVOを楽しんでいると、気づいたらリキッドがなくなってしまうという事があります。

 

タバコであれば燃え尽きればひとつの区切りがつきますが、FLEVOにはリキッドがなくなるまでそういった事がないので、自分で回数をやんわり管理する必要があります

 

一回につき10回まで吸ってOK、など自分なりのルールを作ればうまく楽しめるかと思います。

 

FLEVOのイマイチな点② : 充電式なので、バッテリー切れすると楽しめない

 

これはFLEVOに限った話ではないですが、電子タバコ故の欠点といえます。カートリッジにはリキッドが残っていたとしても、バッテリー切れしてしまうと吸う事ができません。

 

さきほどのデメリット点と少し被りますが、持ち歩く際は多少計画的に吸うことおすすめします。

 

FLEVOのイマイチな点③ : バッテリーにも寿命がある

 

カートリッジのみに寿命があると思われがちですが、バッテリーにも寿命があります。

 

正常な充電をした場合だと約300回繰り返し充電する事が可能ですが、充電ができなくなて場合、新たにスターターキットを購入する必要があります。

 

電子タバコFLEVOを使用した口コミ・体験談

 

FLEVO 口コミ

 

出典 : dmm.com

 

上記ではFLEVOのメリット・デメリットをお伝えしましたが、実際にFLEVOを吸ってみた感想・口コミ・レビューをお伝えします。

 

まず「買ってよかったか?」というと、「買ってよかった」と言えます。何より1000円弱と値段が安いので、気軽に購入する事ができます。

 

実際に届いてみると、届いたままで吸い始める事ができるのがすごく便利に感じて、味も美味しいし、出だしは非常に好評価でした。

 

ただ長く使っていると、カートリッジがなくなる度に注文をしなくてはいけなかったり、充電を忘れて持ち歩いてしまったりと、多少わずらわしいと感じる部分もあります。

 

そういった多少のわずらわしさもふまえて、カートリッジは多めに購入して、またスターターキットも白と黒のふたつを併用しています。

 

また流行りのiQOSでもなく、タバコでもないので、結構話のネタになったりします。吸わせてあげると大抵の人が欲しがるので、ちょっとしたプレゼント等にもおすすめかと思います。

 

電子タバコFLEVOを実際に吸ってみた口コミ

 

以上が電子タバコFLEVOの口コミになります。

 

最近ではコンビニのレジ横で販売されている姿を見る事もあるFLEVOですが、知名度・人気ともにどんどんと上昇中といった感じです。

 

とにかく値段が安いので、試してみる価値はアリです。気になる方はぜひDMMで詳細をご覧になってみてください!


禁煙条例でiQOS(アイコス)やgloはアウト?電子タバコVAPEはどうなる

禁煙条例

 

小池都知事の会見をご覧になった方も多いかと思いますが、

 

建物の中を原則として禁煙にする罰則付きの条例の制定

 

という、”喫煙者にはなかなか辛い”条例が制定される可能性がある事で、喫煙者界隈では大変話題になっていますね…。

 

主旨としては「オリンピックやパラリンピックまでに、受動喫煙による健康被害を未然に防ぐ」という事が挙げられますが、受動喫煙のリスクが少ないとされるiQOSや、そもそもニコチンやタールが含まれていない電子タバコVAPEはどのような立ち位置になるのでしょうか?

 

「電子タバコを吸う場所すらも減るのかな…」と個人的にも気になる部分だったので、改めて調べてみました。

 

iQOSやglo等の「火を使わず煙が出ない加熱式たばこ」もアウト…?

 

NHK NEWS WEBさんで報道されているこちらの記事では「対象となるたばこは、通常の紙巻きたばこや葉巻のほか、火を使わず煙が出ない加熱式たばこも含める」としっかりと記載されています。

 

ここでいう「火を使わず煙が出ない加熱式たばこ」とは、名称こそ明言されていないものの、iQOSやgloの事を指していると想像できます。

 

ただでさえ少なくなってきた喫煙スペースですが、今回の条例が決まれば、さらに喫煙者は肩身が狭い想いをする事になりそうです。

 

“煙が出ない事で副流煙の被害がない”というのもiQOSのメリット部分だったはずが、「そもそも加熱式たばこもダメ」という決定をされてしまっては、もうなす術がなくなってしまいますよね…。苦笑

 

ただ!2017/09/11現在では、この条例に関する意見を都民から募り、条例の内容をより詳細に詰めていくという事なので、ポジティブに捉えればまだまだ議論の余地ありといった段階です。

 

タバコや加熱式タバコの区分自体がまだまだ不十分な現状なので、これを気にある程度の住み分けがなされる可能性もあります。

 

電子タバコVAPEはどうなの…?

 

それでは電子タバコVAPEはどのような対応になるのでしょうか。

 

世間では、iQOSやgloのような加熱式タバコと、VAPEは同じような区分と思っている人がまだまだ多いようです。

 

しかし実際にはVAPEはニコチンやタールが含まれていないため、タバコや加熱式タバコとは区分する必要があります。

 

先ほど共有しました、NHKさんの記事を見ても、また他の記事を探してみてもいわゆる電子タバコVAPEに関しての記述は、自分が探す限り乗っていませんでした。

 

つまりこの条例を制定するにあたって、電子タバコVAPEはあまり気にしていない、あるいはiQOS等と同等に考えられている事が伺えます。

 

もしこういった禁煙条例が制定されれば、電子タバコVAPEの需要はますます増えるような予感がしますが、その段階でようやく電子タバコVAPEに関しても法律的な取り決めがなされるのかもしれません。

 

禁煙条例が及ぼす影響

 

先ほどもお伝えした通り、禁煙条例はまだまだ議論の段階です。

 

タバコや加熱式タバコ、また電子タバコVAPEに関して曖昧だった部分が、これを機にしっかりと区分されるのではないかと予測しています。

 

確かに今まで、禁煙場所でもVAPEは吸ってOKだったりNGだったりと、喫煙者や電子タバコ愛用者は判断が難しい場面が多々あったかと思います。

 

喫煙者は「さらに喫煙スペースが少なくなる可能性がある…」とネガティブなポイントが目立って気になっていましますが笑、そういったルール決めがきっちりなされれば「どこで吸えばいいの?」という点がしっかりと補えるかもしれません。

 

これから様々な議論がなされる事かと思いますが、特に電子タバコに関する取り決めがあれば、随時ご報告致します。


電子タバコアトマイザーおすすめブランドや通販とは?

今回は電子タバコのお洒落なアトマイザーを異なるブランドごとに画像比較していきます!

 

アトマイザーをお探しの方はぜひとも参考にしてみてください♪

 

エアーコントロールタンク/2.0ml + コイル5点セット 3,160

 

アトマイザー 電子タバコ

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

THE Frienbr SHOPの人気商品です。

 

スタンダードキットに同梱されているアトマイザーで、シンプルなので非常に使い勝手が良いです。

 

この商品を購入するとコイルが5点も入ってくるので、その点も非常にお得ですね♪

 

エアーコントロールシステムという機能が採用されており、吸い口部分を時計回りに回すと上記が控えめになり、反時計周りに回すと上記が多くなります。

 

透明でシンプルなアトマイザーを探している方には非常におすすめの商品です!

 

CE4 PEN CAP /1.6ml / マットブラック 1,480 円

 

アトマイザー 電子タバコ

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

「とにかく安く値段を抑えたい」という方にはこちらのシリーズがおすすめです。

 

カラーもホワイト・レッド・ブルー・シルバーと豊富にあるので、お好きなカラーから選ぶ事ができます。

 

ただこの商品は使い捨てタイプのアトマイザーとなりますので、「今後も長く電子タバコを吸い続けたい」という方は、少し値が張ったとしても他のシリーズをおすすめします。

 

Candy Tank/1.5ml 1,380 円

 

アトマイザー 電子タバコ

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

こちらは女性人気が高いCandy Tankと呼ばれる商品です。

 

その名の通り、キャンディのような可愛らしいデザインで、電子タバコをポップなイメージに変えてくれます。

 

先ほど紹介した「エアーコントロールタンク」のようにコイルはついてきませんが、コイル交換が可能なタイプのアトマイザーです。

 

コイル5点セットは別売りで購入できるので、セットで購入するのも良いでしょう。

 

グリーン・ピンク・レッド・クリア・ブラック・ブルー・パープル・イエローとカラーはCE4 PEN CAPよりもさらに豊富で、とても人気の高い商品となっております。

 

色合いも透明感のある透き通ったものなので、爽やかなアトマイザーが欲しい方にはとてもおすすめです。

 

Volume Tank /3.5ml / 3点セット 2,580

 

アトマイザー vape

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

こちらは3点のアトマイザーが2,580円で手に入るというかなりお得なセットです!(※数量限定なので、予告なく販売停止となる可能性もあるのでご了承ください)

 

画像にも注意書きがあるように、5色の中から選ぶ事が出来ないのでその点は注意してください。

 

アトマイザーは数が多ければ多いほど、リキッドとの組み合わせなどでVAPEを楽しみやすくなるので、この機会に複数個購入するのもありかと思います♪

 

JPvaporアトマイザー 1,280円

 

アトマイザー 電子タバコ

 

出典 : JPvapor

 

こちらはJPvaporで定番のアトマイザーです。

 

価格も非常にお手頃で、とてもシンプルなデザインです。

 

カラーがシルバーオンリーなのが少し残念なところですが、特に男性はこのようなシンプルシルバーが好きな方も多いのではないでしょうか?

 

Frienbrのアトマイザーよりもクールな印象が強いアトマイザーです。

 

EMOW Mega 3,280円

 

アトマイザー 電子タバコ

 

出典 : JPvapor

 

見た目からして高級感のあるアトマイザーです。

 

アトマイザー単体で3,000円台という事で少し高価ですが、デザイン・機能ともにやはり充実しています。

 

エアーフローコントロール機能を搭載しており、量の調整が可能です。コイルの熱でリキッドを気化させ、一気に吸口に吐き出す事で、蒸気を大量に生成することができます。

 

「普段の煙の量に満足いかない」「もっと爆煙が良い」という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

Gemini Tank Atomizer 980円

 

アトマイザー vape

 

出典 : JPvapor

 

JPvaporのカラフルなアトマイザーです。

 

2つの加熱コイルがGeminiTankに搭載、リキッドの本来もっている味を劣化させずに美味しく吸う事が出来る工夫がされています。

 

見た目や値段から少し耐久性に問題があるように思われがちですが、丈夫で壊れずらく、また面倒なリキッドの注入も非常に簡単な事から使い勝手の良さに定評があります

 

他にもカラーが豊富なので、「複数所持して気分に合わせて交換する」なんていう使い方もできそうですね!

 

何より値段が安いのも魅力的です。

 

いかがでしたか?

 

今回は様々なアトマイザーをご紹介しましたが、お気に入りのブランドは見つかりましたでしょうか?

 

以前の記事でもお伝えしましたが、リキッドの交換をするたびにアトマイザーをしっかり洗浄するのは結構手間なので、アトマイザーは複数個所持していた方が良いかと思います。

 

電子タバコを使用してしばらくすると、様々なリキッドを試してみたくなるので、アトマイザーも必然的に複数欲しくなりますよね!アトマイザーごとにリキッドの風味を管理していれば、洗浄も楽で済むんです。

 

この機会にぜひアトマイザーを色々とご覧になってみてください♪


VAPEリキッドは安全?口に入れる・飲む行為は大変危険です。

リキッド 危険

 

電子タバコにはリキッドを入れて使用します。ですが、このリキッドには体内に入るとよくないものも多く含まれています。電子タバコには「安全性はどうなのか?」という議論がつきものですが、リキッドが重要になります。リキッドにはいろいろな味がありますし、中には甘い感じのものもあります。

 

自分が飲まないようにするには注意すれば大抵防げるかと思いますが、友人や子どもさんやペットが誤飲しないよう安全に気を付けなければなりません。もしも、リキッドが口に入った際の応急方をご紹介します。

 

安全なリキッドばかりではない…。最悪はニコチンが混じっているものも。リキッドの成分は?

 

リキッド 危険

 

電子タバコのリキッドには何が入っているのか、気になりませんか?実は、ベースになっているのは無味無臭の液体。その内容を見ると…グリセリン、プロピレングリコール、精製水が使用されています。

 

リキッドの甘いにおいなどは、これに香料などでにおいを付けるというものになります。ベースには大きな配合の違いはないそうですが、蒸気に気化した場合の煙の濃さは配合の量によって違いがでてきます。

 

香料の種類は多くあるのですが、日本で作られている国産の商品では豊富さに欠けます。ですので、外国産のものを使う場合もあるのですが、注意して購入しなければ、安全とは程遠いニコチンが配合されている場合があります。

 

ニコチンが配合されていた場合、口に入ってしまうと大変なことになります。ニコチンが含まれているリキッドは外国産のものが多いですが、粗悪な日本製品でも稀にニコチンが含まれている場合があります。

 

「国内産でニコチンが含まれていない、安全性が高いリキッドが欲しい。」という方は過去の記事を参考にしてみてください。

 

プロピレングリコールとは?

 

リキッド 危険

 

リキッド内に含まれる成分の中にPGというのがあるのですが、これがプロピレングリコールです。グリコールが有機化合物となったものになります。意外とご存じではないでしょうが、食品添加物の入っている食品のほとんどに含まれている成分でもあるのです。

 

この成分が、吸った感覚に甘みが強く味が濃いと感じるものになるそうです。コンサート会場で煙を出す演出で使われるのはこの物質がほとんどのようです。

 

グリセリンについて

 

リキッド 危険

 

グリセリンは海藻や動物などに含まれるアルコールの一種になります。別名グリセロールとも呼ばれます。人間の体内にも存在し、中性脂肪として存在するのです。

 

グリセリン自体は、無色透明の粘り気のある液体で、ニオイはないけれど甘みを持つのが特徴です。体内にあるものとはいえ、電子タバコのように口にする物には適していないでしょう。

 

以上を踏まえての注意点と対処法

 

子どもさんの誤飲がたいへん増えているそうです。電子タバコを使用する場合リキッドは必要なものです。ですので、子どもさんの手の届かないところに置くなどの対処をして安全性を担保してください。

 

好奇心旺盛な時期であれば、リキッドの匂いや見た目で興味を示してしまう可能性が十分に考えられます。誤飲を防ぐように安全にしたい方は、子供が目にしないような場所で保管するようにしましょう。

 

もしも、甘いにおいがするから、ジュースのニオイがするからとなめてしまったりしたら大変です。ですが最悪、もしもその中にニコチンが入っていた場合においては、ニコチン中毒になる可能性が全くないとは言えません。気を付けましょう。

 

いかがでしたか?

 

少し舐める程度であれば大丈夫という見解もありますが、大量に間違えて飲んでしまうと大変なことになることもあります。大人であればその危険もわかるとは思いますが、子どもの場合、気づかないうちに大量に誤飲している場合もありますので気を付けて安全に保管してください。

 

そして、大人子どもに関わらず大量に誤って誤飲した場合には、早くに病院を受診しましょう。早めに医療機関を受診し、処置をしてもらうことによって、体への影響も最小限で食いとどめることができるでしょう。


電子タバコ大麻が流行し危険?オランダ産マリファナ味E-njointとの違いは

電子タバコ 大麻

 

電子タバコ関連のニュースをみていたところ、 2017.07.25に以下のようなニュースが流れていました。

 

電子タバコ「大麻リキッド」が日本でも流行の兆し―― 韓流アイドル・BIGBANGのT.O.Pも使用していた
(※クリックすると別サイトに飛びます)

 

最近では電子タバコの流行と共に

 

「電子タバコって本当に安全なのか?」
「体に害はないのか?」
「悪い成分は入ってないのか?」

 

などなど、ネガティブな意見も多くなってきたように感じます。

 

そんな中で”電子タバコで大麻が吸える”という主旨のニュースは、安全に電子タバコを吸いたい人にとってはかなりのマイナスイメージですよね…。

 

そこで今回はこの記事の主旨や、どのようにして電子タバコ大麻入りリキッドを回避するか、等をお伝えしたいと思います。

 

電子タバコの大麻リキッドを避けるために

 

大麻の所持はいうまでもなく日本では罪になります。大麻入りリキッドの所持ももちろん同様です。

 

個人が「大麻入りリキッドを持っている」と自覚していなくても、リキッドの成分をみてみたら大麻の成分が含まれたというケースも0%ではありません。

 

なので、大麻リキッドを避けるためには”必ず信頼のできる生産元”からリキッドを取り寄せる必要があります。

 

最近ではオークションサイトやアプリが非常に充実しており、個人間の商品の受け渡しをする機会も格段に増えてきました。

 

信頼のできる取引相手であれば問題ないかと思いますが、「この電子タバコやすい!!」と値段に目が眩んで、出元が不確かな商品などは避けるようにしましょう。

 

例えばTHE Frienbr SHOPのフレンバーなどは国内産で、なおかつ製造の過程などもしっかり掲載されているので、とても信頼がおけます。

 

信頼のできる販売元を見極める事が非常に重要です。

 

知らないうちに大麻リキッドを所持していてももちろん罰せられてしまいますので、そういう事にならないように注意しましょう。

 

大麻味のリキッドがある?

 

電子タバコ 大麻

 

出典 : amazon.co.jp

 

今回のニュースの主旨とは少し話がズレますが、実は以前にオランダでE-njointという”大麻の味がするVAPE”が販売されています。

 

Amazonの商品説明の欄には「マリファナ成分(THC),ニコチン,タールはもちろん入っておりません」と記載されており、国内でも堂々と販売されています。つまりニュースの電子タバコとは全くの別物になります。

 

マリファナ成分が含まれていないとしっかり記載している事と、長年の販売実績から「合法の電子タバコなんだろうな」とは思います。しかし、情報があまりにも薄く”どこかリスキーな気がして”購入までは至っておりません。

 

「少しでもリスクがあるものは回避したい」
「Amazonの口コミを見る限りなかなかの酷評に感じる」

 

これが購入をしていない決め手です。

 

吸っていないので一概には言えませんが、やはり情報薄な印象を受けるので個人的にはこの商品はおすすめできません。「大麻の味を体験してみたい」という方は自己判断でお願いいたします。

 

電子タバコの大麻リキッドが流行らぬよう

 

大麻リキッドが日本でも流行りだしてしまったら、「電子タバコ自体の規制もどんどん強くなってしまうのでは」という懸念の想いが個人的には強くあります。

 

普通に電子タバコを楽しんでいる人が、これからも楽しめるようにぜひともこういったニュースは無くなって欲しいものです…。

 

確かに世界を見てみると大麻合法化の流れがきているようにも感じます。しかし日本では依然として罪になってしまうので、興味本位で手を出さないように気をつけましょう。

 

先ほどもお伝えしましたが、出元がわからない場所 / あるいは信頼できない場所から電子タバコを買わないようにし、大麻リキッドを入手してしまうリスクを回避することをおすすめします。


VAPEはどこで買えるの?一番人気の通販サイトとは

「VAPEを吸いたいけど、どこで買うのがいいの?」「VAPEは種類が多すぎてどれがおすすめなのかわからない」とお悩みの方へ。

 

今回はVAPEを通販で購入できる、人気のサイトをご紹介します!

 

VAPEはどこで買えるの?

 

VAPEはどこで買える?

 

VAPEを購入するには、【VAPE専門店】【ドンキホーテ】【通販】の3つの選択肢が主ですが、個人的には【通販】がやはりおすすめです。

 

近くにVAPEの専門店がある方ははそちらでも問題ないかと思いますが、そんなに近くにお店がある人も少ないかと思います。またドンキホーテは種類が限られる上に、通販で購入するよりも値段が高く売られていたりする可能性があります。

 

そういった点を踏まえてみても、種類が豊富・遠出をする必要がない・価格が安い【通販】がおすすめである事がわかるかと思います。

 

VAPE通販のおすすめは?

 

VAPEはどこで買える?

 

男性女性問わず人気が高い通販サイトはTHE Frienbr SHOPです。

 

サイトにアクセスしていただければわかる通り、シンプルで清潔感のあるサイトデザインとなっています。電子タバコVAPEというと初期はゴツゴツしたデザインが主流ですが、こちらの商品はとてもシンプルでスタイリッシュなものばかりです。

 

VAPEはどこで買える?

VAPEはどこで買える?

 

出典 : frienbr.com

 

リキッドもすっきりとした味わいで、リピーターが多い人気商品となっています。

 

商品が充実している通販サイトJPvapor

 

VAPEはどこで買える?

 

THE Frienbr SHOPと同様に人気が高いのが、JPvaporです。

 

どちらかといえば男心をくすぐるような商品が多く、”お洒落”というよりも”かっこいい”という言葉が適切かと思います。

 

vape 人気 通販

 

出典 : jpvapor.com

 

スターターキットなど充実している内容が、かなりの安価で購入できるので、初心者の方には特におすすめです。

 

またVAPE本体ももちろんですが、個人的におすすめなのがリキッドとVAPEケースです。この通り、とにかく見た目がかっこいいので家に置いているだけでインテリアにもなります。笑

 

vape 人気 通販

vape 人気 通販

 

出典 : jpvapor.com

 

またケースはVAPESOXという名で発売されています。ご覧のよいにスタリッシュなデザインのものから、少しワイルドなものまでかなりの数が揃っています。

 

vape 人気 通販

vape 人気 通販

 

出典 : jpvapor.com

 

「VAPEの持ち運びに適したケースが欲しい…」と悩んでいる方は、VAPESOX間違いないですよ!

 

いかがでしたか?

 

今回はどこでVAPEを購入しようか悩んでいる方へ向けて、おすすめの通販サイトをご紹介しました。

 

ご紹介したTHE Frienbr SHOPJPvaporは運営も長くとても信頼のできるサイトなので、ぜひ一度ウィンドウショッピングしてみてください!


黒(ブラック)電子タバコが買えるおすすめ通販サイトブランドとは?

今回はクールでかっこいい黒(ブラック)の電子タバコが購入できる通販サイトや、おすすめブランドを画像付きで比較していきます。

 

「黒いVAPE(ベイプ)が買いたいが、どこで買うか悩んでいる」「他のブランドと比較しつつ検討したい」という方は参考にしてみてください!

 

値段とデザインを比較しつつ決めていくのが良い方法かと思います。

 

Frienbr_マットブラック/1100mAh(スターターキット) 4,980円

 

vape ブラック

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

こちらは人気電子タバコ通販サイトのFrienbr SHOPのマットブラックのスターターキットです。

 

ケースから何まで黒で統一されているので、ブラック好きの方にはとてもおすすめです。

 

フレーバーも国産7種類の中から選ぶことができるので、海外製のリキッドはあまり使いたくないという方にも嬉しいスターターキットです。

 

バッテリーやアトマイザーはそれぞれ単体でも発売しているので、他のカラーと組み合わせるのも良いかと思います。

 

メタルレパード/1100mAh 2,980円

 

電子タバコ 黒

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

黒(ブラック)というと男性が好きなイメージが強いですが、こちらは女性人気も高いデザインです。

 

豹柄のようなデザインで、奇抜というよりはシンプルにお洒落な柄なので、悪目立ちもしません。

 

アトマイザーの色選びでさらに特徴づける事が可能なので、デザインを楽しむ事ができて楽しいかと思います。

 

こういった柄物の電子タバコであればアクセサリーと合わせてあげてもお洒落ですね!

 

アクセサリーに興味がある方はぜひコチラの記事も参考にしてみてください。

 

V 650 StandardKit -Shiny Black 3,980円

 

電子タバコ ブラック

 

出典 : JPvapor

 

こちらは本場欧米で人気が高いペン型のベポライザーを独自改良したものです。

 

光沢感のある黒(ブラック)で値段も4,000円前後とお財布に優しいので初心者の方でも安心してお使いいただけます。

 

こういったシンプルな電子タバコをひとつもっておくと、色々なシチュエーションで楽しむことができおすすめです。

 

ロゴも小さいデザインなので「安くシンプルなデザインのブラック電子タバコが欲しい」という方はぜひご覧になってみてください。

 

ST10-S StarterKit -Black 3,780円

 

電子タバコ 黒

 

出典 : JPvapor

 

こちらはロゴが少し大きめのデザインですが、片手におさまるコンパクトサイズとなっております。

 

値段はV650のものよりもさらに安価になっており、リキッドも3本ついてくるので、初めて購入する方はもちろん「黒ベイプが欲しい」という方もお手軽に購入できるかと思います。

 

ボタンを素早く5回繰り返すことでON/OFFの切り替えが可能です。ロゴの主張があまり好きでない方は650の方がスマートなデザインかと思います。

 

K2.0 StarterKit -Tripat 4,780円

 

電子タバコ ブラック

 

出典 : JPvapor

 

こちらもペン型でキャップがあり、持ち運びや管理が便利な黒電子タバコです。

 

デザインはブラックのみではなくシルバーも混ざっているお洒落なデザインで、「黒の単色だけではつまらない」と少し変わったデザインが欲しい方にはおすすめのVAPE(ベイプ)です。

 

とはいえ派手すぎる柄ではないので、程よく主張するような電子タバコといえます。

 

eRoll-C スターターキット 7,950円

 

電子タバコ ブラック

 

出典 : amazon.co.jp

 

私自身も愛用しているしているシリーズですが、これは本当に手放せない電子タバコです。

 

コンパクトサイズの上にデザインもシンプルでクールなので、使う場所を選びません。

 

小さいから目立たないと思いつつ、とてもスマートでお洒落な印象があるので、大人の男性も気に入るようなデザインです。

 

またサイズは小さいですが、煙の量が多く、爆煙タイプとして機能性でも評価が高い電子タバコです。

 

全体的に黒でシックな見た目で、さらに持ち運びにも便利なケースつきなので、多少値は張りますがその価値はある商品です。

 

eGrip OLED スターターキット 8,400円

 

電子タバコ 黒

 

出典  : amazon.co.jp

 

見た目の奇抜さはもちろんですが、コンパクトサイズのためすごく使い勝手が良いです。

 

シルバーなどの定番カラーと共にブラックもクールでかっこいいと特に男性からの人気があるようです。

 

バーやクラブで吸っていたら人気者になること間違いなしのデザインですが、爆煙仕様という機能性の部分でも非常に優れています。

 

電子タバコで煙があまり出ないタイプのものがよくありますが、「あまり吸った気がしない…」と感じる方も多いのではないでしょうか?

 

このVAPE(ベイプ)では、そういった吸い心地の良さも魅力なので、ぜひ試してみていただきたいです。

 

いかがでしたか?

 

黒(ブラック)タイプの電子タバコはこのように様々な種類があります。

 

見たことがない形状の電子タバコもあったかと思いますが、デザインや値段を比較しお気に入りの電子タバコを見つけてみてください!

 

黒い電子タバコであれば失敗することは非常に少ない上に、ひとつもっておくと様々な状況で使うことができるのでおすすめです!


電子タバコはどこで吸える?カフェ・公園・禁煙スペースでも可能?

電子タバコを買った、あるいは興味があるものの「電子タバコはどこで吸えるの?」と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

 

一昔前であれば禁煙スポットでも電子タバコを吸う人をよく見かけましたが、最近でもその線引きが曖昧なままとなっています。

 

そこで今回は電子タバコを吸ってはいけない場所と吸ってよい場所を区別してお伝えしたいと思います。

 

その前に、、電子タバコの年齢制限はある?

 

電子タバコはどこで吸える?

 

海外では既に世間にも浸透していて、所持している人も非常に多い電子タバコですが、同時にその規制も厳しくなっています。しかし日本では、まだ電子タバコの認知度は低く年齢制限などの規制は厳密に決まっておりません。

 

ただもちろん未成年者の電子タバコは勧められるものではなく、「自主規制」という形となっています。法律上は未成年の方でも電子タバコを吸う事が出来ますが、「そのうち規制がかかるかもしれない」というのが現状です。

 

電子タバコを吸っていい場所とは?

 

電子タバコはどこで吸える?

 

電子タバコを吸っても問題がない場所は喫煙を許される空間、つまり喫煙所です。当然ですが、タバコを吸っても良い場所であれば、よほどの理由がない限り電子タバコの使用は問題ありません。

 

喫煙所やもちろん、喫煙可能なバーや居酒屋・クラブなどで電子タバコを吸っている人もよく見かけるようになりました。

 

以前までは「なんだあの煙やニオイ…?」と変わった目で見られることも多かったですが、日本でもなかなか浸透してきたために特に違和感なく楽しめるかと思います。

 

その他で確実に吸えるスペースとしては、があげられます。

 

マンションであればタバコの煙のせいで壁が黒ずんだり、ニオイがついてしまうことから禁止される場所も多いですが、電子タバコにはそういった着色などの心配がありません

 

電子タバコを楽しむ人の中でも「自宅で吸っている」という人は非常に多く、タバコのように火事の心配やニオイがつかない事もメリットのひとつですね。

 

ただ一点、マンションで電子タバコを吸う上での注意点としては、長時間吸っていると煙が室内に充満し、火災報知機などが誤作動する可能性があります。窓を開けたり、換気扇を回すなどして、対策する事を忘れないようにしましょう。

 

他にも、公園や海などの室外で楽しむ方も大勢います。規制は特にかかっていない上に、広い場所であれば周りの方に迷惑をかけることもないので、問題なく吸えるでしょう。

 

ただ公園の中にお子さんがいたり、室外といっても人がたくさんいるようなところでは、極力使用を控えるようにしましょう。規制がかかっていないとはいえ、「周りの方々に迷惑になるな」と感じた場合は自主規制をかける事をおすすめします。

 

中には「電子タバコの使用をやめてほしい」と思っている方もいらっしゃると思うので、ケースバイケースでご判断いただければと思います。

 

電子タバコを吸ってはいけない場所とは

 

電子タバコはどこで吸える?

 

規則的には電子タバコを吸ってはいけない場所はありません。しかしもちろん「マナー・モラル」が非常に重要となってきます。

 

禁煙スペースで吸っても規則的には問題がないとしても、周りの人に迷惑をかけるようであれば当然自粛するべきでしょう。また電子タバコの使用禁止を宣言している場所ではもちろん使用は出来ません。

 

電子タバコを吸うにあたって一番難しい問題は「禁煙スペースで吸っていいのか」という事だと思います。この件に関しては、電子タバコを吸う前にお店の方に聞くことは必須です。吸ってからお店の人に注意されるよりは、はじめから吸えるかどうかを聞いたほうが、お互い気持ちいいですよね。

 

お店の許可を得たとしたら、次は周りの環境を見渡してみましょう。たとえばディスズニーランドやUSJなどの人がたくさんいるところなどでは、自粛すべきでしょう。

 

また喫茶店・カフェなどでついつい吸いたくなる事もあるかと思いますが、禁煙のお店では基本的に吸えません。(※雰囲気でわかるかと思いますが)

 

野外にも席があるような開放的なカフェであれば電子タバコの使用が認められるケースも多いので、ぜひ店員さんに聞いてみてください。

 

いかがでしたか?

 

今回は電子タバコが吸える場所・吸ってはいけない場所をご紹介しましたが、規制が緩い現在ではその線引きも非常に曖昧な事がわかったかと思います。

 

もう少し電子タバコが浸透する段階で、法整備がなされる事が予想されますが、それまでは「周りの人に迷惑がかかるか否か」を基準に考えていただければと思います。

 

あまりにも自由に電子タバコを吸いすぎてしまえば、電子タバコの使用自体も制限される可能性も否定できませんので、マナーを守り、気持ち良く電子タバコを使用するように心がけましょう。


「妻や彼女を禁煙させたい…」タバコを辞めさせる方法とは?

妻のタバコを辞めさせたい

 

「彼女や妻がタバコを吸っていて辞めさせたい…」とお悩みの方へ。

 

特に妊娠中のストレスで隠れてタバコを吸ってしまう女性も多いようですが「タバコ止めなよ!」と言ってもその言葉がストレスになってしまい、逆効果になってしまうケースもしばしば。

 

大切な人のタバコを辞めさせるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

「タバコをやめて欲しい」と強制しない

 

彼女 禁煙させたい

 

先程も述べた通り、喫煙者に「タバコをやめて欲しい」とお願いしてもなかなかうまくいきません。

 

そこで強制的にタバコを辞めさせるのでなく、まずはタバコの本数を減らす事を目標にするのがおすすめです。

 

具体的にどうすれば良いか、その方法を見ていきましょう。

 

電子タバコを利用し、タバコと併用してもらう

 

電子タバコ 女性

 

もちろん喫煙者の人はタバコの本数を減らす事もなかなかスムーズにはいきません。

 

そこでおすすめなのは、電子タバコでタバコの代用をさせるという方法です。

 

「タバコをやめて欲しいから電子タバコを吸ってもらう」という意図を伝えずに「電子タバコが流行っているらしいよ」というようなスタンスで、大切な人に試してもらいましょう。

 

電子タバコには種類や味が様々ありますが、彼女のお気入りのVAPEを見つけてあげればそのまま電子タバコにシフトしてくれる可能性が高いです。

 

タバコをやめられない人は大きく分けて、「ニコチン依存症」「行動習慣」が大きいと言われていますが、後者はタバコを吸う仕草に名残を感じてしまう事です。こちらの場合電子タバコで代用してあげるだけで、大分喫煙欲がおさまります。

 

プレゼントをする電子タバコは何がいい?

 

電子タバコ 女性

 

出典 : frienbr.com

 

普段から電子タバコを吸っている方ならわかるかと思いますが、電子タバコ従来の「ださい」「まずい」という観念はもはや覆されており、お洒落で美味しい電子タバコがたくさん市場に出ています。

 

女性にプレゼントするのにおすすめなのはTHE Frienbr SHOPの電子タバコです。

 

見た目はシンプルでお洒落で、リキッドの味もとても豊富です。

 

電子タバコに拒否反応がある女性の方の多くは「見た目がゴツゴツしてていかついイメージがある」「男性が吸うイメージ」などという意見が多いですが、見ていただければ分かる通り、悪目立ちをしないお洒落なデザインとなっております。

 

vape 人気 リキッド

 

出典 : frienbr.com

 

人気のメンソールやマスカット味もあり、初心者の方も導入しやすいブランドです。

 

いかがでしたか?

 

今回は「妻や彼女にタバコをやめて欲しい!」という方に向けて、禁煙させる(タバコの量を減らせる)方法をご紹介しました。

 

電子タバコは一度吸えばその魅力が分かるかと思うので、徐々に電子タバコにシフトしつつ、最終的に禁煙ができるのが理想かと思います。子供のしつけ同様、禁止するのではなく、代案を用意してあげるのが禁煙の秘訣と言えるでしょう。

 

「大切な人を禁煙させたい!」という方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?