電子タバコVAPEを『未成年(子供)』が吸うのは法律的に違法?犯罪?

電子タバコ 年齢制限

 

この記事を見ているという事は、おそらく

 

電子タバコを購入するのは犯罪?

身近な未成年者が電子タバコを吸ってて健康リスクが心配

 

という悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

 

まず結論から申し上げますと未成年者(子供)でも電子タバコVAPEを買う事は可能です。そして現在(※2018/4/11)では法律的にも吸っても問題はないとされています。(※なお加熱式タバコ(iQOSやglo等)とは別になります。ニコチン入りの加熱式タバコはもちろん未成年者が吸うのはNGです)

 

電子タバコVAPEは名前にタバコと付いているので少し厄介ですが、すごく簡単にいってしまえば水蒸気を吸ったり吐いたりしているようなイメージです。依存性もなく、犯罪や罰金などの規制はありません。

 

だからといって未成年や子供の方に「吸ってもいいよ」とおすすめする事はできません。「絶対に安全です」と断言できるものではないためです。電子タバコのリスクなどを認識した上で、しっかり自己判断するようにしてください。

 

また勘違いをしていると、電子タバコを吸う事で法律的に違法となるケースがあります。それはどんなケースなのか、見ていきましょう。

 

『電子タバコ』を吸って犯罪になるケースもある?

 

電子タバコ 未成年

 

冒頭でも伝えた通り、未成年者が電子タバコVAPE(ベイプ)を吸う事は法律上は問題がないとされており、犯罪扱いはされません。

 

しかし、iQOS(アイコス)やgloなどのような加熱式電子タバコは喫煙とみなされるため法律的にアウトです。それらはVAPEとは別物であり、タバコと同様にニコチンやタールが含まれていますので十分注意してください。

 

世の中的には『電子タバコ』という言葉の定義がバラバラになっているので「電子タバコは未成年が吸ったら違法だ!」と訴える人もいます。その電子タバコがニコチン入りの『加熱式タバコ』を指しているのか、水蒸気を楽しむ『VAPE(ベイプ)』を指しているのか、をまず確認する事が大事です!

 

吸おうとしている電子タバコが加熱式タバコであれば、違法性があるので使用を控えましょう。

 

加熱式タバコではない『電子タバコVAPE』を吸っても犯罪・違法になるケースがある?

 

リキッド 危険

 

そしてもうひとつの注意点は『電子タバコVAPE(ベイプ)を吸っても、違法だと問われるケースがある』という事です。

 

さっきVAPEは違法性ないって言ったじゃないか…」と思う方も多いと思いますが、ここで違法性が問われてしまうケースはニコチン入りのVAPEを吸っている人を指します。

 

日本国内で購入できるVAPEのリキッドにはニコチンが含まれていません。ニコチン入りの電子タバコは販売できないからです。しかし、海外ではニコチン入りリキッドは割と主流で、日本からでも入手が可能です。

 

ニコチン入りのVAPEを摂取してしまうと、それは喫煙とみなされ犯罪となります。大人の方もニコチン入りのVAPEで遊ぶのは避けるべきですが、未成年者は言うまでもなく避けるようにしましょう

 

仮に道端などで電子タバコを吸っていた時に、警察がきたとしたら高確率で補導されるでしょう。もしもその時にニコチン入りのリキッドを吸っていたりしたら、、未成年者のニコチン摂取はもちろん法律的に問題になります

 

「違法じゃないなら外で思いっきり吸おう!」は危険です

 

電子タバコ 未成年

 

未成年が電子タバコ(※ニコチンが含まれていないVAPE)を吸う事は確かに法律上は問題がないとされていますが、やはり未成年者が電子タバコを吸っていると見栄えはよくありません

 

仲間内で遊ぶ程度なら問題ないかもしれませんが、道端などで吸っていれば巡回している警察官に出くわすケースもあります。悪い事をしているわけではありませんが、話を聞きにくる・補導・家や学校に連絡をされる、などという事は容易に想像出来るので、堂々と外で吸う事は控えた方が良いです。

 

 

電子タバコVAPEを購入するなら

 

未成年者が電子タバコを吸うと聞くと「絶対だめ!!!」と言う人も多いですが、一概に悪いとは言えません。もちろん喫煙はダメな事ですが、隠れてタバコを吸われるよりもマシな部分はありますよね。(※タバコは体に悪いだけでなく、犯罪になってしまいます)

 

これだけの情報をきちんと踏まえた上で「それでも電子タバコを吸いたい方」は信頼のできるブランドで電子タバコ・リキッドを購入するようにしましょう。海外サイトやAmazon、メルカリ等の公式以外のルートで購入すると「リキッドにニコチンが混じっている」なんていうケースもありえるので、その点は注意してください。

 

初めての電子タバコVAPEは、国内国産の安心安全なフレンバーショップがおすすめです。値段も安く、国内産という事で安全性も高く、またニコチンが含まれているという事がありません

 

今なら4,980円(税別)で、すぐに吸えるスターターキットが楽しめる。THE Frienbr SHOPはこちらからチェックしてみてください↓↓↓↓↓↓↓↓



 

最近では未成年への販売は止めるお店も増えています。また、今後法律も変わる可能性も十分に考えられます。

 

個人的な意見としては、電子タバコの購入はタバコと同様に20歳を超えてからの方がいいと思います。ですが、いろいろな事情があるかと思いますので、電子タバコを吸うかどうかはこの記事を参考に自己判断するようにして頂ければと思います。

VAPEって?の最新記事

人気キーワード

女性向けVAPE 電子タバコリキッド 爆発 タバコ味 VAPEトリック K-fire お洒落なVAPE forth VAPEリキッド カフェVAPE 偽物本物見分け方 まずいリキッド 小さいVAPE 電子タバコ(VAPE)ケース seventh レッドブル味 VAPEとは? Frienbr(フレンバー)口コミ・評価 可愛いVAPE フレンバー口コミ iQOS(アイコス)ケース・カバーおすすめブランド 偽物 パイプ型電子タバコ 故障 VAPE使い方 eighth 本体が熱い JPVapor口コミ・評価 電子タバコおすすめ爆煙 VAPE口コミ