VAPEニュース

電子タバコVAPE(ベイプ)とは?

iQOSにも劣らぬ人気を見せる
VAPEの情報をお伝えします。

人気のVAPEブランドやリキッド等、
ぜひ参考にしてみてください!

初心者におすすめの電子タバコVAPE

「種類が多すぎてどの電子タバコVAPE(ベイプ)がいいかわからない…」という方へ。

初心者の方にはリキッドも全て揃っているタイプの"スターターキット"がおすすめです!

値段も安く、ベーシックなものを選べば今後の電子タバコ選びの指標ともなるので、まずは定番VAPE(ベイプ)がおすすめです。

初心者の方におすすめの記事はこちら→電子タバコ(VAPE)初心者におすすめのブランドとは?

激安(5000円以下)のおすすめ電子タバコVAPE

「5000円よりも安い電子タバコでとりあえず試してみたい!」という方へ。

ここでは5000円よりも安価で、さらにクオリティも兼ね備えたおすすめの電子タバコVAPE(ベイプ)をご紹介。

「激安の電子タバコを探している」という方におすすめの記事はこちら。様々な電子タバコブランドを比較しています!→電子タバコ種類一覧比較!ブランドごとの特徴や違いをご紹介。

リキッド交換なし!使い捨ておすすめ電子タバコVAPE

「リキッドを交換するのが手間だから、使い捨ての電子タバコVAPE(ベイプ)を探している」という方へ。

最近では使い捨てタイプの電子タバコが流行り始めています。

「リキッド交換や洗うのが面倒なんだよな〜」という方はぜひこちらの記事を参考にしてみてください!使い捨てブランドをご紹介しています。→電子タバコ(VAPE)”使い捨て”のおすすめブランドとは?

メンソール強めのおすすめVAPEリキッド

「メンソールが強くて吸いごたえのある電子タバコVAPE(ベイプ)が欲しい!」という方へ。

様々なブランドからメンソール味が発売されていますが、メンソールの強烈さでは確実にこのリキッドがおすすめです。

メンソール好きの方におすすめの記事はこちら。個人的にもかなりの頻度で愛用しているメンソールブランドです→電子タバコなのにメンソール感最強。吸ってて気持ちが良いブランドは?

VAPE(ベイプ)を見た目から選ぶ

「種類が多すぎてよくわからん」という方へ。

色々と考えるのが面倒であれば「見た目が気にいるかどうか」という基準で電子タバコを選ぶのもアリだと思います。

使い続けるvapeであれば、自分が好きな電子タバコかどうかというのは、大分モチベーションに関わってきます。直感で「この電子タバコいい!」「このvapeお洒落!」というデザインのものがあれば、ぜひ詳細を見てみてください!

VAPE(ベイプ)に関する人気記事

「比較記事やランキング形式の記事を見たい」という方へ。

ここでは実際に使用してみた電子タバコの比較記事や、おすすめのvape特集などの記事が見れます。

電子タバコを使っていくと「もっと違う電子タバコが吸いたい」「爆煙のVapeが吸いたい」等々、色々と願望が出てくると思いますが、ぜひ電子タバコ選びの参考にしてみてください!

VAPE(ベイプ)を色から選ぶ

「使いたいvapeの色だけ決まってる」という方へ。

色は「この色!」と決めているんだけど、どのブランドにしようか悩んでいるという方は、こちらの色別の記事を参考にしてみてください。

同じカラーでもブランドによって姿形が異なってくるので、色にこだわりがある方はぜひご覧になってみてください。

リキッドに関する人気記事

「リキッドが多すぎてどれがいいのかわからない」という方へ。

電子タバコは本体だけでなく、リキッドの質が非常に重要です。

種類が多すぎてどれがいいのかわからないと悩んでいる方がいれば、ぜひ記事を参考にしてみてください!

VAPE(ベイプ)に関するQ&A

電子タバコVAPE(ベイプ)ってどんなもの?ここでは電子タバコに関するQ&Aをご紹介します。※下記のリンクをクリックすると、回答先まで移動します

VAPEに関して知りたい事、疑問に思う事があればぜひ参考にしてみてください!

「それよりもおすすめのvapeが知りたい!」という方は、以下を参考にしてみてください!

VAPE(ベイプ)って何?

「そもそもvapeってなんだ?」という方へ。

vapeとは、少し前から流行ってiQOSなどとは違い、ニコチンが含まれていない電子タバコの事を指します。

iQOSも人によっては電子タバコと呼ぶ事から、iQOS=vapeと勘違いしている人も多いのですが、両者は全くの別物です。

vapeは基本的にはリキッドと呼ばれる香り付きの液体を熱して煙を生成します。そのリキッドにはニコチンが含まれていないため「iQOSや従来のタバコよりも断然安全なのでは?」と注目を浴びています。

またvapeを吸って吐き出した煙は水蒸気なので、副流煙や火災などの心配がないという事もメリットとして挙げられます。

日本ではまだまだ認知度が低いvapeですが、海外ではアーティストやセレブ等の芸能人が使うほど、ファッションアイテムとしての地位も築く程の人気が高い商品です。

最近ではiQOSの普及に伴い、vapeにも注目が集まってきているように感じます。vape専門店などもどんどんと増えているので、これから注目のアイテムである事は間違いありません。

iQOSとvapeの違いって何?

VAPE 構造

iQOSとvapeの違いをもう少し詳しくお伝えします。

iQOSは通常のタバコとは異なり、"加熱式のタバコ”でタバコの葉っぱを電気で温めて加熱する事で、蒸気を出しています。つまり通常のタバコのようにライター等の火が不要なので、匂いや煙が出ないというメリットがあり人気が出ました。

ただiQOSを吸っている人の近くにいるとわかるように、iQOSって独特な匂いがありますよね。長く付着しないという事がメリットなのかと思いますが、実際にその場にいると匂いはかなり感じるかと思います。

写真のようにタバコをギュッと凝縮したようなものを本体に刺して、iQOSを楽しみます。「健康に良いから」という理由で爆売れしたにも関わらず最近では「タバコよりも危険」なんていうニュースが出たりして、その安全性が問題となっています。

一方でvapeは先ほどお伝えした通り、リキッドと呼ばれる液体を熱して煙を生成します。iQOSのようにタバコの葉を使用しないため、健康面ではiQOSよりも遥かに健康的なものとして認識されています。ニコチンが入っていないので依存性もないと言われていますが、vapeにも色々な噂があります。「vapeって本当に安全なの?」と気になる人は、こちらの記事も参考にしてみてください。→【電子タバコは有害で危ない・危険?!】癌や肺炎の病気リスク?PG・VGとは?

"電子タバコ"と一括りにされると両者の違いがわかりづらくなってしまいますが、vapeとiQOSとは根本的に違うものだという事がおわかりいただけましたでしょうか。

VAPE(ベイプ)はどんな構造になってるの?

VAPE 構造

vapeは種類がかなり豊富なので、一概に「vapeはこういう構造だ」とは言い切れません。

ただ、一般的なVAPEの構造をお伝えすると大抵のものは「カートリッジ」「アトマイザー」「バッテリー」の3つから組み立てられます。中には、アトマイザーとカートリッジが1つになった「カトマイザー」という部品もあります。

「カートリッジ」とは、タバコに例えるならば、フィルターといった所でしょうか。綿状のモノが中に入っており、これにリキッドをしみ込ませます。十分にしみ込ませる事が重要なので、初めて吸う際はリキッドを入れてすぐに吸い始めないように注意しましょう。そしてアトマイザー(変霧器)へ、ミスト(霧)の元になるリキッドを送り出します。

「アトマイザー」とは噴霧する装置の事を指します。リキッドを気化する役割をし、電熱線コイルとリキッドを供給するスチールウールやウィッグやコットンからできています。通電と共に発熱し、リキッドを気化させミスト(霧)を生成。電圧が高すぎると焦げた味がしやすくなるので注意が必要です。熱量が上がり すぎるとリキッドの風味が損なわれやすく、消費量も多くなります。

「バッテリー」は出力が高いほど発熱量が上がりミストが多くなるため、リキッドの消費も多くなります。大きく二つに分けて、1.ペン型の一体型バッテリーと、2.電池取り外し型のMODが有ります。

ただ電子タバコはやはり種類によって異なるので、お使いのvape又は購入しようか悩んでいるvapeの情報をよくみて、用法を間違わないように楽しんでください。

電子タバコVAPE(ベイプ)で禁煙出来る?

VAPE 構造

日本国内で扱われるVAPEには薬事法で禁止されているためニコチンが一切含まれていません。

なのでタバコの禁断症状である「吸いたい」という中毒性を緩和する(ごまかす)ことができます。

それでも禁煙効果があるわけではないので、一概に絶対に禁煙出来るとは言えませんが、口元の寂しさを紛らわせたり、ある一定の効果は十分あると考えられています。

海外ではニコチン入りのVAPEも扱っていて、法律的にも認められているそうですが、日本への持ち込みはトラブルの元となるので控えましょう。

もっと詳しく知りたい!という方はコチラの記事を参考にしてみてください!→電子タバコに禁煙効果?タバコを止めるのにVAPE(ベイプ)の評判は?

電子タバコのリキッドってなに?

VAPE 構造

リキッドとは香り付きの液体の事で、これをVAPEのアドマイザーにいれます。このリキッドは蒸気を発生させるために必要不可欠なものです。

VAPEが女性にも人気な理由として、リキッドの香りの豊富さがあげられます。

タバコ味のフレーバーもありますが、フルーツの香りやスイーツの香りなどもあり、それらが女性にも人気の秘訣なようです。近くにVAPEを使っている人がいればぜひ試してみてください!

自分が吸っていなくても、周りに吸っている人がいればかなりいい匂いに感じるかと思います。中にはレッドブルのフレーバーやプリンのフレーバーなどちょっと変わった味もあり、またどんどんの新味も出るので飽きずに楽しみ続ける事ができます。

また中にはニコチン入りのリキッドというものがります。海外からの個人輸入でなら手に入れる事は可能ですが、日本では法律的に禁止されているために販売していません。時々ニコチン入りのリキッドを探し求めて、海外から仕入れる人もいますがニコチン入りのリキッドは危険性が極めて高いため、おすすめしません。

どうしてニコチン入りリキッドが危険なのかという点はこちらの記事にまとめましたので、気になる方はぜひご覧になってみてください→ニコチン入り電子タバコリキッドを「おすすめしない理由」。害があって危険?

ちなみに美味しいリキッドはどこのブランドか?という質問が多いため、そちらもまとめました。→【電子タバコVAPE(ベイプ)リキッド】”人気でおいしい”初心者におすすめの味は?

vapeはタバコより節約できる?

VAPE 構造

電子タバコはまず初期費用で5000円〜10000円程かかりますが、その後継続的に使うと仮定すると非常に経済的です!

普段のタバコを1日1箱吸っている人でも、電子タバコの場合は月にリキッド1本ぐらいしか消費しません。リキッドとは味付きのフレーバーのことで、ものにもよりますが一本のお値段は1000円程です。

タバコだと2〜3日でかかってしまう費用で、電子タバコであれば1ヶ月程持つからかなりお得ですね!

もっと詳しい計算方法が知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください→電子タバコリキッドはどのくらいもつ?節約でタバコより安上がり?

電子タバコvapeは危険?害はないの?

VAPE 構造

vapeが危険か否か、という討論は昔からされているようですが、未だにはっきりとした結論が出ていないというのが正直な所です。

というのもvapeといっても種類が多く、粗悪な偽物ブランドだったり、ニコチン入りのリキッドだったりを使用していれば、もちろんある一定の害は存在しているでしょう。

アメリカではVAPEの愛用者から、呼吸器系の疾患や火傷、心臓血管障害といった健康被害が多数報告されているそうです。使用の方法を間違ったり、ニコチン入りの電子タバコを吸っていては、やはり健康に被害がないとは言いきれないという事です。

またリキッドはカラフルな上に甘い匂いを放っているために、誤って子供が飲んでしまう事故も起きているようです。「本物のタバコと同じくらい危険なものだ」という認識を強く持ち、子供の前の取り扱いは十分気をつけてください。

現在、日本で市販されているリキッドにはニコチンは含まれていませんが、ニコチン以外にも有毒な物質が含まれている可能性も否定できないそうです。

まだまだ被害の件数は少ないですが、今後法律の面や厳しい品質チェックなどで議論になりそうです。また人によっては気分の悪くなる香りや味もあるそうなので違和感を覚えたら、直ちに使用を控えましょう。

過去の記事でvapeの危険性についてまとめた記事がありますので「vapeを吸いたいけど危険なのかどうか知りたい」という方はぜひ参考にしてみてください→【電子タバコは有害で危ない・危険?!】癌や肺炎の病気リスク?PG・VGとは?

電子タバコVAPE(ベイプ)の年齢制限は?

VAPE 構造

通常のタバコは20歳以上からの喫煙が許されますが、電子タバコvapeには未だ正式な年齢制限の法律が定まっていません。

電子タバコvapeを雑貨として取り扱っているところでは、現在の日本の法令上では利用が可能となっています。

しかし、通販サイトを見てみると後々のトラブルを防ぐためか20歳以下のお客さんの購入を禁止しているサイトが多いようです。

今後トラブルになる可能性も否めないので、念のため20歳以下の方は購入を控えるようにしましょう。

vapeの未成年使用に関しましても別記事にて詳しくまとめましたので、「未成年だけどvape吸いたい…」と悩んでいる人がいれば、ぜひ参考にしてみてください→電子タバコは中学生・高校生・大学生の未成年者が吸っても犯罪ではない?

電子タバコは喫煙スペース以外で吸える?

VAPE 構造

電子タバコVAPEはタバコではないので、あらゆる場面で利用する事は可能です。

しかし水蒸気が外に出る上に、日本では未だVAPEが電子タバコという認識が根付いていない為、使用する際は周囲に気を使い、店舗などで吸いたい場合はスタッフに確認の上ご利用しましょう。

電車や図書館などの公共施設では明らかに迷惑となるので控えましょう。つまり法律的には問題がないとはいえ、モラルが非常に重要になってくるという事です。 どこで吸えばいいの?とお悩みの方はこちらの記事を参考にしてみてください。→電子タバコはどこで吸える?カフェ・公園・禁煙スペースでも可能?

電子タバコVAPE(ベイプ)を吸うとお腹が痛くなる?

「vapeを吸っているとお腹が痛くなる」「電子タバコを吸い続けるとお腹が痛い」と、腹痛を感じる人が稀にいます。

電子タバコvape(ベイプ)のリキッドには"グリセリン"という成分が含まれており、そのグリセリンがそういった腹痛の原因になる事があります。

「グリセリンとは何か?」というと、アルコールの一種で食品や化粧品・医薬品など、私たちの日常でも幅広く使われている成分です。

無色透明の液体で粘性があり、においはないのに甘味があるのが特徴です。

グリセリンは医薬品として浣腸薬にも配合されています。便秘を改善する効果があることからグリセリンが活用されているのですが、その副作用として人によってはお腹の調子を崩してしまうことがあります。

しかし先ほども述べたように、グリセリンは我々の身近にある成分です。化粧水や甘味料・食品添加物など、我々は気にしないうちにグリセリンに触れています。

なので「電子タバコを吸ってお腹が痛くなってしまう」という人は割と稀な症状なのですが、「電子タバコvapeが吸えなくて困る」という人は、グリセリンの濃度が少ないリキッドを選ぶのが無難かと思います。

グリセリンの濃度が高いと、煙の量が増し、いわゆる"吸った感"が強くなります。またグリセリンに含まれる甘味のおかげで、甘味が増すというメリットがあります。電子タバコvapeを楽しむ上で、煙量と甘味というのはかなり重要な要素かと思いますが、腹痛を起こしてしまったら元も子もありません。

なので「電子タバコを吸うと腹痛を起こす」「vapeを吸うとお腹が痛くなる気がする」という人は、グリセリンの濃度に関して少し見直す必要があるかと思います。

電子タバコVAPE(ベイプ)と加熱式タバコの違いは?

最近では「タバコや加熱式タバコの増税」がよくニュースに取り上げられていますが、「え、じゃあ電子タバコvapeも増税なのか…」と勘違いしている人が多いように思います。

加熱式タバコとは、iQOSやgloなどのタバコの葉を使用するニコチンありの電子タバコを指します。iQOSやgloなども、"電子タバコ"と呼ばれる事も多くなってきたので、vapeとの違いをあまり認識していない人が多いです。

電子タバコvapeはタバコの葉を使用せず、リキッドを熱して楽しむ器具です。わかりやすく言い換えると「味付きの水蒸気を楽しんでる」というような感覚なので、やはりタバコとは明らかな違いがあります。

ただ、ややこしい事に海外のリキッドはリキッドにニコチンが含まれているのが主流です。日本ではニコチン入りリキッドの製造は禁止されていますが、海外からニコチン入りリキッドを取り寄せてしまう人も少なくありません。

vapeもニコチン入りのリキッドを使用してしまえば、タバコとの線引きが非常に難しくなってしまいます。

つまり、現状日本で製造されている電子タバコVAPE(ベイプ)はニコチンが入っていない上にタバコの葉も使用していないので、増税の対象ではないという見解です。ただ、ニコチン入りリキッドが普及したりしている背景があるので、今後電子タバコvapeに関しても、新たな規制などがかかる可能性も否めないということになります。

いずれにせよもう気になる電子タバコやリキッドがあるという方は、そういった規制や値上げの流れが来る前の購入がオススメかと思います。

VAPE(ベイプ)に関する最近の投稿

『電子タバコ人気ランキング』VAPE・ベイプのおすすめ通販ブランド特集

電子タバコ 人気

iQOSが世間に浸透した事も相まってか、さらに人気が浮上している電子タバコVAPE(ベイプ)

 

電子タバコの通販サイトはいまや国内でもたくさんあり、「どの通販サイトや電子タバコブランドがおすすめなのかわからない…」という方も多いかと思います。

 

そこで今回はおすすめの通販サイトを電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング形式でご紹介しますので、迷っている方はぜひ参考にしてみてください♪

 

※iQOSやglo等のニコチン入り電子タバコは順位に含んでいません。リキッドにニコチンが含まれていないタイプの電子タバコを対象にしています。ランキングはこちらのサイトを経由して購入された数を元に計算しているので、本サイト独自のランキングになりますのでご了承ください。

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第1位 : Frienbr STANDARD

 

 

電子タバコ 人気 ランキング

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

電子タバコランキング1位の商品がこちらのFrienbr STANDARDです。

 

発売以来常に人気をキープしているリーズナブルかつスタイリッシュなFrienbr STANDARD。

 

スタンダードという名の通り、必要なもののみを揃えたシンプルな商品です。シンプルゆえ使い勝手がよく、またリキッドを含めたスターターキットで5000円前後で値段がとても安いので、初心者の方が電子タバコを始める際にはとてもおすすめの商品です。

 

また最近では以前まで人気すぎて在庫切れが続いていたFrienbr Oneという商品が再入荷され話題となっています。利便性はSTANDARDよりも高く、またデザイン性も優れた商品です。こちらも後ほどご紹介します!

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第2位 : ONE

 

フレンバー one

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

電子タバコランキング2位がこちらのONEです。

 

デザイン性とカラーの豊富さ、また価格も安いため人気が非常に高いです。

 

実は以前にも販売されていたんですが、人気ゆえに発売直後から長らく在庫切れが続いていました。そのためランキング的には2位となっていますが、再入荷後も根強い人気です!

 

相変わらずの売れ行き好調商品なので、カラーによっては未だに在庫切れになったりしますが、今は割と豊富に在庫が残っているようです!

 

実際に購入して使ってみた感想としては、値段の割にとても高級感があるなと感じました。

 

電子タバコにありがちなメタルっぽい黒くてつるつるした感じかなと思ったら、マットな感じで質感もしっとりとしていて、いい感じです。メタルっぽい電子タバコもかっこいいですが、このONEはお洒落な電子タバコという感じです。

 

THE Frienbr SHOPってどんなブランド?

電子タバコ ランキング メーカー

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第1位・第2位の商品は、シンプルでお洒落な電子タバコを取り扱うTHE Frienbr SHOPで購入できます。

 

他の電子タバコ通販サイトと比較しても、かなり購入数が多く、またリピーター率が多いのも特徴です!

 

2014年〜2015年頃までは、後ほどご紹介するJP Vaporというブランドの方が人気が高く、ランキング上位だったイメージがありますが、現在ではThe Frienbr Shopの電子タバコがよく売れています

 

以前までの電子タバコというと、どちらかといえば”バーやクラブなどで吸うようなイケイケなイメージ”がありましたが、このブランドはカフェや喫茶店などでお洒落にVAPEを吸いたい方にもおすすめできる商品です。

 

最近流行っている派手な電子タバコとは一味ちがう、落ち着いたデザインのものが多く、大人の女性からの人気が高いのも特徴の一つです。

 

サイトを見ていただければ分かる通り、清潔感があり、またリキッドが国内産としっかり記載されている事から信頼度が非常に高いブランドです。それゆえ人気が高いと個人的には感じています。

 

気になる方はぜひチェックしてみてください!それではまたランキングに戻ります。

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第3位 : I-1600

 

電子タバコ ランキング ブランド

 

出典 : JPvapor

 

電子タバコランキング3位はJPvaporのi-1600です。

 

電子タバコが今のように流行りだす前から、ずっと変わらず人気を誇る電子タバコ通販サイトのJPvapor。

 

中でもi-1600というシリーズは発売からかなり売れ行き好調で、常に販売数ランキングが上位の商品となっています。実際に使ってみた感想としては、とにかくシンプルで使いやすく、コスパがいいというイメージです。

 

いい意味で余計な機能や変わったデザインではないので、長く使える上に利便性も高いです。もしノーマルなタイプの使い勝手の良い電子タバコを持っていないのであれば、とてもおすすめの電子タバコです。

 

「電子タバコランキング1位でご紹介したTHE Frienbr SHOPのSTANDARDとの違いはどこか?」というと、正直結構類似しています。笑

 

価格帯もそこまでの違いがない上に、機能性もそこまで変化がありません。後はデザイン性とリキッドの味などが好みを分ける部分かと思うので、両者で悩んでいるという人は見た目で決めてしまって良いかと思います!

 

吸い比べてみると、i-1600の方が少しでかくボリューム感があるので、「小さくて小柄な電子タバコがいい」という方は、STANDARD。少し迫力があるVAPE(ベイプ)がよければI-1600と言った感じです。

 

JPvaporってどんなブランド?

 

電子タバコ 通販

 

出典 : JPvapor

 

また少し脱線してしまいますが笑、I-1600が購入できる JPvaporという電子タバコ通販サイトは非常に見やすくてお洒落なので、ウィンドウショッピングをするだけでも楽しいサイトです。

 

またこのサイトはなんといっても、取り扱うリキッドやモッズがとても豊富なので、気に入った商品を見つけられる可能性が非常に高いです!

 

2014年〜2015年までは色々な商品を取り扱っていたのですが、本記事をリライトしている現在(2018/03/11)では、先ほど電子タバコランキング1位・2位でご紹介したTHE Frienbr SHOPの電子タバコと同じようにシンプルなデザインのものが多くなった印象があります。

 

それでもシンプルすぎず、どちらかといえばアメリカ色が強いのでカッコよくてクールなイメージです。女性よりも男性に人気が高いですが、女性でもクールな電子タバコが欲しいという方には問題なく活用頂けます。インテリアになるレベルでクールです。

 

また、ここで扱っているリキッドは厳選されたアメリカ産です。「国内産がいい」という方はランキング第1位でご紹介したTHE Frienbr SHOPがおすすめですが、特にこだわりがないという方は値段も手頃で種類豊富なので、是非一度ご覧になってみてください。

 

またJPvaporの一つの特徴としてVAPEに付属させるアクセサリーやケース等が非常に充実している事があげられます。

 

JPvaporのお洒落な電子タバコVAPEケース

 

電子タバコ ランキング ブランド

電子タバコ ランキング ブランド

 

出典 : JPvapor

 

引き続き電子タバコランキングからは少し脱線しますが、JPvaporのケースはとても人気が高いので「電子タバコの持ち運び方法に悩んでいる」という方は必見です!

 

シンプルだけど大人っぽくてかっこいいですよね!ちなみに上記画像は一例なので、まだまだ他にも種類があります。

 

こういう電子タバコVAPE(ベイプ)用のケースでイケてるやつって意外と少ないので、他のブランドの電子タバコを持っていても「ケースだけ買う!」なんていうのもありかと思います。

 

電子タバコももちろん。スターターキットは値段的にかなりお得に販売しているので、電子タバコVAPE初心者の方にもとてもおすすめです。

 

それでは改めて電子タバコランキングに戻ります!

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第4位 : Cloud17

 

電子タバコ ランキング

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

電子タバコランキング4位はTHE Frienbr SHOPで話題のCloud17です。

 

 

ランキング順位はそこまで高くはありませんが、値段が他の電子タバコの2倍近くするにもかかわらずこの順位はなかなか凄いと感じています。

 

別記事にてcloud17の詳細を紹介していますが、なんといっても”メンテナンスいらず”なのが個人的にはかなり助かっています。あとは僕自身メンソール好きなのですが、メンソールの味が単純に美味しい+メンソール感が強いのでタバコいらずです。笑

 

電子タバコで多少厄介に感じるリキッドの交換や洗浄などが必要ありません

 

発売当初は男性向けに発売されていたため、カラーがブラックしかありませんでしたが、女性向けにホワイトカラーも発売される事となりました!

 

電子タバコ ランキング メーカー

 

出典 : THE Frienbr SHOP

 

人気の通販サイトフレンバーが推している商品な上、個人的にも実際使用してみて「凄く使い勝手が良いな」と感じたのでとてもおすすめです。ただ値段が他の商品と比べると少し高いので、そこはお財布と相談といった感じかと思います。

 

個人的には非常に重宝している電子タバコなので、おすすめできます!

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第5位 : Pico

 

JPvapor Pico

 

出典 : jpvapor.com

 

ランキング第三位と同じくJPvaporの商品 Pico

 

よく売られている電子タバコとはデザインが違うので、パッと見で気にいる人も多いこちらの商品。お値段は9000円前後とそこそこの値段がしますが、機能性とデザイン性でランキングも上位です!

 

写真でみると少しごつい感じのイメージを持たれる方もいるかと思いますが、実物はサイズは非常にコンパクトです。でかすぎるという感じはなく、スタイリッシュなので悪目立ちすることもありません。

 

奇抜すぎは嫌だけど、シンプルな電子タバコもつまらない」という方にはおすすめ。

 

詳しくは別記事にも書いていますが、色々と機能が多いので使っていて非常に楽しいです。ディスプレイ表示で煙の量を調節できたり等、とても使い勝手が良い電子タバコです。

 

先ほどもお伝えした通り、お値段が多少はるのでランキングも上位ではありませんが、予算に余裕があるのであれば、初心者の方にもとてもおすすめなので、ぜひJPvaporでチェックしてみてください!

 

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第6位 : C-Tec Duo

 

電子タバコ ランキング メーカー

 

出典 : c-tec.style

 

電子タバコランキング第5位C-Tec Duoという商品です。

 

最近ではiQOSやVAPEとはまた別にビタボンのように”吸うビタミン”という名称で親しまれている商品が増えましたが、このC-Tec Duoもそのうちの一つです。

 

電子タバコ ランキング 人気 おすすめ

 

「リキッド交換が不要・値段が安い・液漏れしない」という電子タバコの痛い点をクリアしているブランドというイメージがあります。

 

個人的な感想としては、他のブランドのものと比較すると味が特徴的だなと感じました。ビタミンが含まれていることが原因なのか、正直初めは「あんまり美味しくないかも…?」と思っていましたが吸っているうちに慣れてきました。

 

電子タバコ ランキング メーカー

 

出典 : c-tec.style

 

iQOSを吸ったことがある方なら想像しやすいかと思いますが、想像と異なる味を口に含むと最初は違和感があります。ただ、吸い続ければ自然と慣れてくるので、味に関しては好みの問題かと思います!慣れてきた今は他ブランドのリキッドと同様美味しく感じます。

 

味に関しては、個人の味覚の問題なので文章でも動画でも伝えることができません…。笑 申し訳ないです。

 

ただ値段も安いので一度試すくらいなら痛い出費ではないかと思います!C-Tec Duoに関して別記事にて商品詳細やレビューをまとめていますので、こちらも興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第7位 : FLEVO

 

電子タバコ ランキング おすすめ

 

出典 : dmm.com

 

電子タバコランキング第6位は大手の dmm.comから発売されたFLEVO(フレヴォ)という商品です。

 

発売してすぐにこの商品を使ってみましたが、とにかくコスパが良いです。そして同時に人気も急上昇中です。販売価格は1,058円と破格の安さなので、電子タバコVAPE(ベイプ)業界の常識を変えたと言っても過言ではないかもしれません。笑

 

このFLEVOという商品はカートリッジにリキッドが含まれているので、そこの部分を交換してあげるだけでフレーバーを変更する事ができます。ランキング第1位でご紹介したCloud17とその点は類似しています。

 

電子タバコ ランキング おすすめ

 

届いた状態ですぐに吸うことができるので、諸々面倒な準備やメンテナンスが不要なのがは“かなり”楽です。またサイズもとても小さいので、ポケットに入れておいてもかさばらないし、何より重くありません。

 

難点としては「1個あたり240回しか吸えない」という点ですが、とにかく値段が安いので

 

「電子タバコvapeを吸う感覚をつかんでみたい」

「持ち運びが気軽にできる電子タバコが欲しい」

 

という人には、とてもおすすめできるブランドです。

 

電子タバコって”1つ買うと何個も欲しくなってしまうもの”だと個人的には思っていますが笑、FLEVOは1つ持っておいてまず間違いないと思います。ただ、長く吸い続けたいという人にはスペック的には物足りなく感じることかと思います。

 

こちらのFLEVOも別記事にて詳しくレビューしていますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第8位 : EMILI

 

電子タバコ おすすめランキング

 

出典 : Amazon.co.jp

 

電子タバコランキング第7位【EMILI】です!

 

最近の電子タバコブームによって、飲み会やバーなどにタバコ代わりとしてVAPE(ベイプ)を持ち歩く人が増えていますが、EMILIという商品は”持ち運ぶのに最適”です。

 

「なぜヒットしているか?」というと、EMILIはポケットにも入れられるコンパクトなサイズでデザインもお洒落で機能性も抜群なところが魅力だからです。

 

VAPE X6などのように、“いかにも最近の電子タバコ”というよりは、”さりげなくお洒落”なところが大人にも人気の秘訣です。

 

またひとつ購入すると本体が2つついてくるのも人気の秘訣です。電子タバコ本体が2つあれば、それぞれ別にフレーバーを楽しめる、フレーバー交換の手間が省けます。そこは非常にメリットと言えます。

 

個人的にはサイズも小さくて使い勝手が良いのでもう少し上位でも良いかな、という印象がありますが、知名度という点で劣るのでそこでランキングを落としているのかもしれません。→最近では楽天やドンキホーテでも取り扱いが開始され、知名度はグンとあがった印象があります。その分持っている人が多くてかぶったりする可能性が高まりました。あと長く使ってみて感じたことですが、サイズが小さいゆえにリキッドがすぐになくなってしまうのと液漏れが多いのが個人的には難点に感じます。リキッドを常に持ち運ぶのは面倒なので、その点は結構デメリットだというのが正直なところです。

 

「本体2つで違う味を気軽に楽しみたい!」「ケースが付属の電子タバコがほしい!」「とにかく小さいVAPEで、リキッドの持ち運びも苦ではない」という方にはおすすめと言えるかもしれません。

 

ただ長く使用する事を考えると、リキッド補充の面倒さと液漏れ問題から個人的にはあまりおすすめできません

 

電子タバコVAPE(ベイプ)ランキング第9位 : +Beauty

 

吸う美容液

 

出典 : beauty.es-magic.jp

 

電子タバコランキング第8位【+Beauty】です!

 

ランキング第5位でご紹介したC-Tec Duoと同様、吸う美容液・吸うビタミンと呼ばれています。

 

この2つのランキングの違いは「リキッド交換があるか否か」だと個人的には思っています。

 

+Beautyは通常の電子タバコと同様に、液体リキッドを入れて使用する物です。そこの手間の部分でC-Tec Duoにやや軍配があがったのだと思います。

 

吸う美容液

 

出典 : beauty.es-magic.jp

 

+BeautyにはCATECHIN(カテキン)という味があるのですが、他の電子タバコにはないようなお茶や紅茶のような味がしたので、コーヒーや紅茶など、カフェによく合うイメージです。

 

どちらも扱っているリキッドの味が異なるので、お気に入りのフレーバーがあるかどうかで判断するのもアリかと思います!

 

+Beautyも別記事にて詳しくレビューをしていますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください!

 

電子タバコランキングを参考にしすぎないでください

 

ランキング形式にしといてなんですが、“人気が高いから自分に合った電子タバコ”とは一概にはいえません。あくまで参考のひとつです。

 

ちなみに今回お伝えした電子タバコVAPE(ベイプ)ランキングは冒頭でお伝えした通り、本メディアを経由して売れた数を元に算出しています。

 

私自身は今回電子タバコランキング形式でお伝えしたすべての電子タバコを試した事がありますが、参考までに私がランキングをつけるとしたらこんな感じです。

 

※商品名をクリックすると、各電子タバコの口コミ・レビュー記事に遷移します。気になる商品があれば、ぜひご覧になってみてください!

 

1位 : Frienbr ONE

2位 : Cloud17

3位 : I-1600

4位 : Frienbr STANDARD

5位 : Pico

6位 : c-tec duo

7位 : FLEVO

8位 : +Beauty

9位 : EMILI

 

といった感じです。あくまで個人的な意見ですので、指標のひとつとして参考にしていただければと思います。

 

最終的に電子タバコは「形やデザイン・ぱっと見の印象・使い勝手等が気にいるかどうか」というのは非常に重要なポイントかと思います。

 

今回の電子タバコランキングをある程度参考にしていただいた上で、本当に自分に合った・用途にあった電子タバコを探してみてください!

電子タバコVAPEのリキッド(1万5千円相当)プレゼントキャンペーン!!

いつもVAPEBOYをご覧頂きありがとうございます!

 

私が電子タバコを吸い始めて5年ほど経ちますが、リキッドが大量すぎるので笑、何個かプレゼントさせて頂きます。前回のリキッド6種プレゼント企画が割と好評でしたので、今回は第二弾になります!

 

今回はリキッド5種に加えて、VAPE本体1本をおつけします!人気のTHE Frienbr SHOPさんの電子タバコとリキッドですが、普通に購入すれば15,000円相当になります。

 

 

電子タバコ プレゼント

 

・クリスタルミントコーヒー

・ハワイアンココナッツ

・ピーチミント

・ハードブラストメンソール

・グリーンティミント

 

の5種類に、STANDARDを追加しました。

 

画像をご覧頂ければ分かると思いますが、どれも何度か使用しているため多少減っています。苦笑 また電子タバコのSTANDARDに関しては洗浄済みですが、再度洗浄をお願いいたします。使用済みという事をくれぐれもご理解した上でご応募頂けますと幸いです!(※なお故障等に関しましては、ご相談受け兼ねますのでそちらもご了承ください)

 

またツイートで入りきらなかったため、再度条件を記載致します。

 

キャンペーン期間

 

5/10(木)23:59まで

 

応募資格

 

キャンペーンツイートをリツイート & VAPEBOYのTwitterアカウントをフォロー。どちらかでは対象外になりますのでご注意ください。

 

抽選方法

 

『あたれら』というTwitterプレゼント企画お手伝いツールを用いて、公平に抽選いたします。

 

当選者への連絡

 

『あたれら』で抽選者が決まったら、TwitterのDMにて個別連絡させて頂きます。

 

 

<その他注意事項>

送料はご負担頂きます
・東京 / 神奈川であれば直接お渡しも可能です
・使用済である事をご理解下さい

 

以上になります。

 

それでは皆さまのご応募お待ちしております!

『VAPEに発がん性物質?』電子タバコは「有害」で「危険」?

vape 外人

 

「電子タバコはタバコよりも発がん性物質が10倍以上含まれていて、有害物質?!」

 

などなど、、最近ではニュースでも電子タバコVAPEの安全性・有害性・危険性などについて報じられる事が増えてきました。

 

信憑性の低い見出しと、メディアによる強烈な拡散により、様々な情報が飛び交っていますが、「真偽がわからない…」という方のために、冷静に中立的な立場で一連の騒動を分析していこうと思います。

 

「本当に電子タバコは有害なの?危険なの?」と気になっている方は、ぜひ参考材料の一つにしてみてください。

 

発端は「電子タバコ」の一製品に発がん性物質があり危険だと報じられた事

 

 

まずはこちらの動画をご覧頂きたいのですが、電子タバコの危険性についてニュースで報道されております。

 

2014年11月27日の動画ですが「電子タバコ」の一部の製品に、発がん性物質のアセトアルデヒドやホルムアルデヒドが含まれており、健康への悪影響が懸念され有害であるという主旨の報道です。

 

あまりタバコや電子タバコについて知らない人からしてみれば「え、電子タバコもやばいんじゃないか…。発ガン性があって有害なの?」と過度に怖がる人も多いようですが、この動画は突っ込みどころが非常に多いです。

 

それではこの動画内容をもとに、「本当に電子タバコは危険なのか」を分析していきたいと思います。

 

タバコよりも電子タバコの方が危険で有害は本当?

 

電子タバコ

 

今回の厚生労働省の調査、先ほどの動画によると、複数銘柄でアセトアルデヒト・ホルムアルデヒドが検出され、電子タバコはとても危険で有害なのだそうです。

 

ニュースや調査報告、ネット上やSNSではこの1文が一人歩きし、当時はちょっとした騒ぎになりましたが、ちょっと冷静になってください

 

この文章だけでもまず、引っかかる点が2点あります。

 

まず一点目。「複数銘柄から発がん性物質が検出された」とありますが、その銘柄は一体どのように選ばれているのか?という点です。

 

明らかに出元が不明な粗悪品を調べれば、もちろん有害な物質があるかもしれませんし、ニコチン入りのリキッドを調査している可能性だってあります。中国産のわけのわからないリキッドで調査していれば、当然そういった発がん性物質があり危険性が高いものも含まれているでしょう。この動画でも”10年ほど前に中国で開発”と説明されていますが、今はアメリカや国内生産の電子タバコも豊富にあります。

 

また以前の記事でも伝えた通り、日本では禁止されていますが世界的には“ニコチン入りのリキッド”が使用されるケースもあります。例えば検査に使われた電子タバコリキッドが、ニコチン入りのものであれば、当然有害物質は検証されます。

 

仮にニコチン入りのものはなかったとしても、まずはそういった調査した商品の詳細が無い、という事がひとつ気がかりな点です。また、複数の銘柄から発がん性物質が検出され有害と判断されたのはいいとして、それ以外には危険性・有害性が少ない電子タバコもあったのでは?というのが疑問に思う部分です。

 

またこの動画では語られていませんが、当時の記事にあった2点目に気になる点は、「タバコの10倍以上のホルムアルデヒドが検出された」という点です。

 

ネット上ではこの「タバコよりも10倍以上有害!発ガン性物質がやばい!」という点ばかりが強調されていて、確かに「それって危険じゃん!」と煽られてしまっている人を多く見ます。

 

確かにそれは事実かもしれません。(※先ほども述べた通り、調査した製品にもよりますが)

 

しかし!かといって“電子タバコよりもタバコの方が危険だ!”とは言い切れないのが現状かと思います。

 

電子タバコの方が危険で有害だと言い切れない理由とは?

 

電子タバコは危険?

 

この点も以前の記事で紹介しましたが、タバコにはホルムアルデヒド以外にも下記のような有害物質があります。

 

・タール/ヒ素/アセトアルデヒド(みなさんご存知の発癌性物質。タールが高いものは危険性も高まります)
・ニコチン(タバコがやめられない元凶です。致死性もあります)
・鉛(金属)・アンモニア(臭さの元)
・エンドトキシン(細菌などの微生物が作る物質)
・窒素酸化物(気管支炎や肺水腫などの原因といわれています)
・フェノール類(ある種は殺菌効果あり)

 

これもほんの一部にすぎず、タバコの葉を燃やす事で発生する煙に含まれる化学物質は4,000種類ともいわれています。そしてそのうちの約200種類は致死性有害化学物質とされ、動物にガンを作る物質(発がん性有害物質)は約70種類にのぼるそうです。

 

ここまで伝えれば何が言いたいか少し伝わったかと思いますが、要するにその大量にある有害物質の1種類において、電子タバコの方が数値が上回った、という話なんです。

 

具体的な物質名を述べて、有害物質が10倍あった!と述べたのは効果的だったかも知れませんが、それ以外の有害物質はどうなんでしょう?そういった報道もされていないので、安易に電子タバコの方が危険とするのはお門違い、というよりも判断材料にもなっていないような気がします。

 

そして最終的な結論として『専門家委員会は、「健康への影響は否定できない」という意見で一致した』という事で締めくくっていますが、それは発売当初から言われた事であり、「何をいまさら…」という意見も多いかと思います。

 

「電子タバコは危険で有害?」ネット上の噂

 

電子タバコ 口コミ

 

ここから先はネット上の皆さんの意見などをまとめたものですが、今回の一連の電子タバコ=危険・有害の報道に対しての意見です

 

・電子たばこに税金かける布石だな
・仮に安全でも叩かれ続けるの目に見えとるしな
・かなり前から発ガン性物質が出るって言われてたのに今更かよ
・はるかに「酒」とか「清涼飲料」とか「トランス脂肪酸」とか有害
・中国製の怪しい液体ばかりだからな
・普通のタバコに含まれる有害物質は4000種類だぞ。どう考えても電子タバコ吸うだろ

 

あくまでこれらはネット上の意見の引用ですが、こうした声の方はすごく鋭い点をついているように感じます。

 

ちなみに上の発言にもあるように電子タバコのリキッドはほとんどが中国製やアメリカ製になりますが、「あまり信用できない…」という人は、日本製リキッドもあります。この記事を最初に書いた当初は、2014年だったのであまり数が多くありませんでしたが、2018年3月現在では日本製のリキッドもかなり増えてきました

 

「中国製のリキッドは不安だから日本製のブランドが知りたい」という方は、ぜひともこちらの記事を参考にしてみてください。

 

電子タバコは本当に危険で発ガン性があるのか…?

 

今回は報道されている「電子タバコはタバコよりも10倍の有害物質があり、発ガン性も高く危険」に関しての分析をしましたが、少しは参考になりましたでしょうか。

 

最近は電子タバコに限らず、メディアが乱立していて、信憑性の低い記事でもSNSなどで情報が飛び交ってしまう世の中となりましたよね。

 

タバコや電子タバコを楽しむという事は結局は自己責任なので、そういった真偽のわからないような情報を鵜呑みせずに、自分なりに真実を追求するのが良いのでは?と最近は感じております。

 

ただ大前提にあるのが、タバコも電子タバコも「体に良いわけがない」です。程度に差はあるでしょうが、本来人間の体に必要のないものなので当たり前ですよね。「吸ったらガンになるリスクがあるのかな…」「発ガン性の有害物質があるのかな…」と不安になりながら吸うくらいなら辞めた方がいいと、個人的には思います。

 

ここまで読んでみて、電子タバコに引き続き興味があるという方はこちらの特集ページにて、用途別におすすめの電子タバコブランドをご紹介しています。ぜひご覧になってみてください。

 

今回の記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。

タバコの代わりになるもの。『ガム』や『フレーバー』等嗜好品は代用品となる?

タバコの代わり

 

「タバコの代わりを探している!」という事は、禁煙やタバコの本数を減らそうとお考えでしょうか?

 

禁煙はもちろんですが、タバコの本数を減らす事すらヘビースモーカーにとっては辛いですよね…。苦笑

 

タバコを捨ててもゴミ箱からまた取り出してしまったり、「ラスト一箱だけ」と買ってみたが最後。何度も吸い続けてしまう…などなど、禁煙失敗のあるあるはたくさんありますよね。笑

 

今回はそんな

 

タバコの代わりとなるものを探してる

タバコを辞めたいけど辞められない

タバコを辞めようとするとストレスを感じる

タバコの本数を減らしたい

 

という方へタバコの代わりに気を紛らわせる方法をご紹介します!

 

タバコの代わりになるもの① : ガムを噛む

 

タバコの代わりになるもの

 

目新しさがなくてすみません。笑

 

こちらは電子タバコとほぼ同様の理由ですが、口の寂しさを紛らわすためには非常に効果があります。ものを噛むことでストレスを減少させる効果もあるので、そういった面でも禁煙に一定の効果があるといわれています。

 

タバコの代わりとなる嗜好品の代名詞とも言えるガム。

 

しかし、、一点デメリットとしては、飲食店などでガムを噛めないという事ですよね。プライベートや職場だったり(許されてれば)でガムを食べる分にはOKですが、喫煙者にとっては「飲食中の禁煙」はかなりハードルが高いのではないでしょうか?

 

「お酒を飲みながらタバコを吸う!」という流れで喫煙を楽しんでいた人にとっては、お酒の席でタバコを吸えないのは手元も口元も寂しいですよね。

 

また喫煙者の中には「話している最中の沈黙を避けたい」「黙って食事をするのがイヤだ」という人も多いと思います。そういった間を埋める効果がガムにはないので、その点は補ません。

 

もちろん日中に気を紛らわすには一定の効果がありますが、これだけでタバコの代わりになるとは言い切れません。それでは他の候補を引き続き見ていきましょう。

 

タバコの代わりになるもの② : 運動をする

 

タバコの代わりになるもの

 

こちらも定番ですね。皆様の期待に沿わない回答になってる事は承知しております。笑

 

ですが、運動もバカになりません。

 

「昔はタバコを吸っていなかったのに、吸うようになってしまった」という人の中には、運動を辞めてからタバコを吸い始めたという人も多いのではないでしょうか?

 

実は運動をするということは、その最中は運動後に”タバコを吸いたい”という気持ちを減少させてくれる効果があるそうです。当たり前ですが運動中は同時に喫煙が物理的に不可能なため、運動する時間が多ければ多いほど喫煙を抑制することができます。

 

喫煙者の方は経験があるかと思いますが、運動後のタバコはあまり美味しくないと感じる人も多く、運動中・運動後には喫煙欲を抑えることができます。イライラして手が震えるなどの、ニコチンの禁断症状を和らげることに一定の効果があるとされているので、日常の中に運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん個人差があるので、一概に”どれだけ運動すれば良い”などの明確な指標はありませんが、「タバコを吸いたくなくなるくらいの運動」をするようにすれば自然と量も減ってくるでしょう。

 

朝のランニングなどを行ってみるなど、気合を入れすぎずに長続きするような運動を始めてみることをおすすめします。もちろん運動をすることで日頃のストレス の解消や肥満解消にもなるので、一石二鳥といえます。「最近運動してないな~」という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに…運動前の一服は危険です

 

運動後にはタバコを吸う気分にならないからといって、「運動前にタバコを吸おう!」という人がいます。笑

 

ですが、喫煙をするとニコチンのせいで交感神経が刺激され、結果として心拍数や血圧が上昇し苦しさを感じてしまいます。

 

「よくスポーツ選手はタバコを吸うな」という事が言われますが、世間体とは別に上記のように身体面にも問題があるのです。喫煙をすると酸素摂取量が減ってしまうので、持久力が要求される分野に置いては特に動きづらくなってしまいます。

 

「運動後はタバコを吸えないから運動前に吸おう!」というような考え方は非常に危険ですので、改める事をおすすめします。

 

タバコの代わりになるもの③ : 電子タバコを活用する

 

タバコの代わりになるもの

 

最後はこちら。タバコの代わりに電子タバコを利用することをおすすめします。

 

最近はiQOSがかなり有名になっていて「健康にいい」とされていますが、あれにはニコチンが含まれていますよね。

 

しかし、最近ではニコチンが含まれていないタイプの電子タバコVAPEも見かける機会が多くなってきました。

 

3,4年前まではそういったVAPEと呼ばれる電子タバコは若者向けのデザインのものが多かったですが、最近では大人の男性・女性でも使用できるようなシンプルなデザインのVAPEも非常に多く発売されています。

 

タバコの代わり

 

あくまで一例ですが、例えばこんな感じのデザインです。VAPEってそもそもなんだ?という人はこちらでVAPEの種類など紹介してるので参考にしてみてください。

 

「けど、電子タバコに禁煙効果はないんじゃないの?」と思われる方も多いかと思いますが、確かに最近流行りのVAPE(ベイプ)のようなものは禁煙効果がないものが多いです。

 

なので”ニコチンに依存してしまっている人”には効果がないとされていますが、タバコを吸うという行為自体に依存している人には一定の効き目があるとされています。

 

タバコがないと口が寂しいから

喫煙所でいろんな話がしたいから

タバコを吸う事が癖になっているから

 

などなど、タバコに依存しているというより吸うという行為自体に依存している人が意外と多いのです。

 

また諸説ありますが、タバコにはストレスを軽減させる効果はないという見解があります。

 

「ス トレスを感じる時にタバコを吸う」という方も多いかと思いますが、「ストレスを感じたときにタバコを吸えばスッキリする」という一種の暗示のようなものを 自分にかけているのです。そのため何かタバコの代わりになるものを見つけてそれを習慣化することで、日々の喫煙生活に変化をもたらすことができる可能性があるのです。

 

例えば「ストレスを感じるなあ…」というときに、タバコではなく電子タバコを吸うという流れを自分でつくりだしてみてはいかがでしょうか。喫煙の習慣が良い方に変わる可能性も0ではありません。

 

ちなみに自分は喫煙者かつ、電子タバコも吸います。家にいる時は壁を汚したり、匂いがつくのが嫌なので電子タバコを使用していましたが、いつのまにか家の中では電子タバコしか吸わなくなっていました。笑

 

飲み会の席などではタバコを吸ったりしますが、別にタバコをやめる気も本数を減らす気もなかったんですが、勝手に本数が減ったという感じです。

 

電子タバコはゆうてもそんなに高い買い物ではない(むしろタバコの本数が減れば節約になる)ので、気になる方はぜひ試してみてほしいです!

 

タバコの代わりを探すのも良いですが、くれぐれも無理せずに

 

今回はタバコを吸いたい気持ちを紛らわしてくれるような代替案をご紹介しました。

 

禁煙方法はネットなどでもたくさんの情報が出回っていますが、一番大切なのは無理なく続けられることだと思います。

 

タバコが吸えない事でイライラしてたら、よっぽどストレスが溜まってしまいますよね。

 

特にヘビースモーカーの人は、いきなり禁煙を目指すとその反動が凄かったりします。無理せず自分のペースで「あ〜これは自分にあってるな」という方法があるか探してみてください。

 

以上がタバコの代わりとなるもののまとめです。電子タバコに少しでも興味があるという方は、こちらのページで特集をしていますので、ぜひ参考程度にご覧になって見てください♪

電子タバコリキッド交換方法とは?洗浄・メンテナンスの頻度など

電子タバコ 洗浄

 

電子タバコを購入して色々なリキッドを試そう!と思っていた方の中で「リキッドってどうやって交換するんだ…?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

「以前使ったリキッドが残っていれば味が変わってしまうし、かといってどのように洗ったらいいかわからない」そんなあなたへ。

 

今回は電子タバコのリキッドを交換する方法をご紹介します!

 

同一のアトマイザーでリキッドの交換は難しい…?

 

まず最初にお伝えする事実は、同一のアトマイザーをつかってリキッドを交換することは非常に難しいということです。

 

もちろん交換自体が難しいのではなく、以前使用していたリキッドの風味を完全になくすことが難しいという意味合いです。

 

下記の動画で洗浄方法がすごくわかりやすいのですが、これをリキッドを交換するたびにやるのはすごく大変ですよね…

 

 

こちらはX6の分解洗浄ですが、よほど奇抜な電子タバコでなければ基本的にこのような洗浄の仕方で対処できます。

 

「ひとつのアトマイザー以外買う必要ない!」という方はこのような洗浄方法を用いれば、完全とはいわないまでも以前のリキッドの風味を消すことができます。

 

動画程丁寧にやるのは難しいかもしれませんが、アトマイザーは普通に使用をしていても焦げや汚れが付着するものなので、定期的に洗浄する事は非常に重要です。

 

いちいち電子タバコをちゃんと洗浄するのが面倒な人へ

 

電子タバコ 吸い方

 

個人的には、上記のようにしっかり洗うのがとても苦手です。笑

 

もちろん数ヶ月に一度こういった洗浄をしっかりするのは大事ですが、例えば「1日でこのリキッドに飽きてしまったな〜」という感じで、リキッドを早めに交換したい場合があります。

 

そういう時は動画と同様に分解し、水道をぬるま湯にしてアトマイザー等を軽く洗うだけにしています。リキッドの油分を落とすために、ぬるい温度というのは非常に重要な点です。

 

毎回の洗浄にあまり気合いを入れ過ぎても、個人的には面倒に感じてしまうので、そのようにしています。週に1度は部屋を軽く掃除して、月1でがっつり部屋掃除をするような、そんな感覚です。笑

 

「前のリキッドと混じっちゃうから嫌だ」という方も多いかと思いますが、混ざった方が美味しいケースもあると個人的に思っています。

 

メンソールとマスカットを混ぜたり、ピーチとココナッツ味を混ぜたり、意図的ではなく混合された時も意外と美味しく感じる組み合わせがあります。

 

そういう予期せぬ出会いも楽しめるので「そこまで神経質に洗わなくてもいいや」という人はそういった楽しみ方もできます。

 

ただ、リキッドブランドが違うものを合わせるのは成分の違いもあり、”危険がない”とは言い切れません。安全に電子タバコを使うためにも極力避けるようにしてください。

 

どうしても純粋なリキッドの味を楽しみたいという人へ

 

電子タバコ 洗浄方法

 

出典 : frienbr.jp

 

「他のリキッドの味が混ざらない個々の香りを楽しみたい」という方は、アトマイザーやコイルユニットを交換するのが話し早いと思います。

 

費用が余計にかかってしまうという難点はありますが、アトマイザーが複数あればいちいち洗う手間も省けますし、混じりっけのないリキッドの香りを楽しむことができます。

 

私の場合はアトマイザーを複数購入し、味が似ているものに関しては同一のアトマイザーで使うようにして対処しています。果実系・飲料系といった感じです。

 

さきほど「リキッドが混ざった方が美味しい時もある」とお伝えしましたが、とはいえコーヒー味とマンゴー味などを混ぜても、想像通りおいしくありません。笑

 

なので、「バニラ味やコーヒー味を楽しむアトマイザー」「マンゴー味やピーチ味を楽しむアトマイザー」というように、類似したリキッドで分類をしています。

 

味があまりにも違う系統のものを混ぜ合わせるのは、リキッドの無駄になってしまいかねないので、そのように味の系列が似ているもので分けると良いかと思います。

 

アトマイザーは普通に使用をしていても焦げや汚れが付着するものなので、定期的に洗浄する事は非常に重要です。

 

リキッドを変えたり洗浄しても焦げた味がする…

 

電子タバコ 吸い方

 

洗浄をしっかり行っても、リキッドが焦げた味がするとお悩みの方へ。

 

洗浄方法の問題ではなく、もしかするとリキッドが染みていない状態で電子タバコを吸ってしまったために、焦げてしまった、あるいはコイルの寿命の可能性があります。

 

コイルを交換した時、あるいは初めて使用する時は必ずリキッドが染み込むまで(10分程)放置しましょう。

 

最初に購入した時は気をつけていたのに、「2回目にコイルを変更した時には忘れていた」なんていう事が起こりがちですので、十分注意しましょう。

 

電子タバコ洗浄が本当に面倒くさい人は、最終手段

 

電子タバコ 結局どれがおすすめ

 

出典 : frienbr.jp

 

「アトマイザーを余計に買うのも嫌だし、洗浄はもってのほかだ」という人にも朗報があります。

 

そもそもリキッド交換の必要がないタイプの電子タバコ(Cloud17C-Tec Duoなど)を購入するという方法です。

 

こういったタイプの電子タバコであれば、リキッドが既にカートリッジ内に含まれているので、付け外しするだけで簡単にリキッドが変更できるのです。

 

なので、このタイプの電子タバコは頻繁なメンテナンスや洗浄が必要ありません。

 

過去記事にて使い捨て電子タバコおすすめブランドをご紹介していますので、気になる方はこちらも参考にしていただければと思います。

 

洗浄などのメンテナンスも基本的に不要なので、「洗浄やメンテは面倒臭いな…」と感じている人には、かなりの利点かと思います。

 

電子タバコ洗浄方法まとめ

 

今回は電子タバコリキッドの交換・洗浄方法等についてご紹介しました!

 

「ひとつひとつのリキッドをしっかりと味わいたい」という人はアトマイザーやコイルを複数購入したり、リキッドがカートリッジ内に含まれている電子タバコブランドがおすすめです。

 

以前にもお伝えした通り、そこまで洗浄にこだわらないという人はリキッドを組み合わせて自分だけのオリジナル配合を考えるのも良いかと思います!

 

ぜひ自分にあった電子タバコの楽しみ方を探してみてください!