VAPE人気ブランド比較やおすすめリキッドをご紹介!
電子タバコVAPEリキッド人気ブランド比較.com

おすすめの電子タバコ記事へ

タグ:メンテナンス不要の電子タバコ

DMMから電子タバコフレーバー「FLEVO(フレヴォ)」登場!口コミ・評判をご紹介

FLEVO 口コミ

 

DMMから発売が発表された、新感覚の電子タバコフレーバー「FLEVO」。

 

気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

大手のDMMから出る商品というだけあって、期待値が高い方も多いかと思うので、今回はその他電子タバコブランドとのメリット・デメリット比較や、実際に吸ってみた感想・口コミをご紹介いたします。

 

「FLEVO買うかどうか悩むな〜」という方はぜひとも参考にしてみてください!

 

まずはFLEVOのスペックをおさらい

 

FLEVO 口コミ

 

FLEVOを購入する際には初めは基本的に980円(税抜)のスターターキットを購入することとなります。

 

まずはHPのものを転載すると下記がスペックになります。

 

キット内容: バッテリー×1、フレーバーカートリッジ×2(メンソール・タバコフレーバー) 、USBアダプタ
サイズ: φ8.5×99.5mm
重量: 14.3g
バッテリー容量: 140mAh

 

これだけみても少しわかりにくいかと思うので、それぞれ説明しますと

 

FLEVOのキット内容

 

バッテリーと呼ばれる本体部分が1つと、フレーバーが2種類付いてきます。通常の電子タバコであれば本体丸ごとひとつと、フレーバー(リキッド)が2種類という感覚です。

 

FLEVOの電子タバコは通常の電子タバコとは異なり、フレーバーがカートリッジ式になっています。

 

実際に使用してみればわかるのですが、非常に便利です。リキッドを変えたい時も、くるくる回して違う味を装着させるだけでいいんです。

 

ひとつのフレーバーカートリッジで、240回吸えます。

 

FLEVOのサイズ感・重量

 

サイズはタバコと同じくらいの大きさです。サイズがコンパクトなので、持ち運びにもかなり便利で、お洒落な印象です。

 

飲み会なんかで使用すれば「あれなに?」と話題になるかと思います。重量はタバコよりはもちろん重いです。人差し指と中指でタバコのように吸うのが少しだけ辛いかな?という肌感です。

 

FLEVOのバッテリー容量

 

バッテリーは充電式となっています。フルに充電した場合、約200回吸うことができます。

 

ひとつのフレーバーカートリッジで、240回吸えるとお伝えしましたが、フルの充電でも1つのカートリッジが消耗する事はないという事になります。

 

充電完了までは1時間30〜2時間です。以上が簡単なFLEVOのスペックですが、「もっと詳細が見たい!」という方は公式ページの方を参考にしてみてください!

 

電子タバコFLEVOのメリット・口コミ・評価

 

FLEVO 評判

 

出典 : dmm.com

 

上記は簡単なFLEVOのスペックになりますが、それを踏まえた上でFLEVOのメリットをまずはご紹介したいと思います。

 

FLEVOおすすめPoint① : リキッドの交換がかなり楽

 

従来の電子タバコだとリキッドの交換って少しめんどくさい印象があると思います。

 

このFLEVOというフレーバーはカートリッジにリキッドが含まれているので、そこの部分を交換してあげるだけでフレーバーを変更する事ができます。

 

届いた状態でですぐに吸うことができるので、諸々面倒な準備やメンテナンスが不要なのがは“かなり”楽です。

 

FLEVOおすすめPoint② : サイズが小さくスタイリッシュ

 

電子タバコの種類にもよりますが、大抵のブランドのものはタバコよりも少し大きめで、重量があるものが多いかと思います。

 

FLEVOに関して言えば、さきほどお伝えした通りタバコと同じくらいのサイズ感なので、悪目立ちすることもなく、非常にお洒落な印象を与えることができます。

 

持ち運びも楽なので、その点もメリットといえます。

 

FLEVOおすすめPoint③ : 美味しい

 

電子タバコのリキッドって当たり外れがあると個人的に思っていますが、FLEVOのリキッド、美味しいです

 

味覚は完全に個人差によると思いますが、私の周りの喫煙者・禁煙者に吸わせてみても「美味しい」という評価なので、平均値は超えていることかと思います。

 

過去に某ブランドのタバコ味のフレーバーリキッドを試したこときに「二度とタバコ味なんて吸うのやめよう…」と思っていましたが、今回付属のタバコ味のリキッドを試してみたら、渋くてむしろ美味しかったです。

 

電子タバコFLEVOのデメリット・口コミ・評価

 

それでは今度はFLEVOのデメリットをご紹介。

 

安いならではのデメリットもあるのでぜひ参考にしていただければと。

 

FLEVOのイマイチな点① : ひとつのカートリッジで240回

 

タバコ一本吸うのに、種類にもよるかと思いますが通常10〜15回吸ったら一本なくなってしまうという計算でいくと、大体16本〜24本分でひとつのカートリッジを消費することになります。

 

フレーバーカートリッジは5本入り1600円弱、つまり一本約300円ほどなので、通常のタバコと同様の値段、あるいは少し安いかな?という計算がなりたちます。

 

これだけ聞くと「じゃあ問題ないのでは?」と思われる方も多いかと思いますが、そこにはひとつ問題があります

 

気軽に吸えて、しかも美味しいので「吸いやめるタイミングが難しい」という点です。お酒を飲みながらFLEVOを楽しんでいると、気づいたらリキッドがなくなってしまうという事があります。

 

タバコであれば燃え尽きればひとつの区切りがつきますが、FLEVOにはリキッドがなくなるまでそういった事がないので、自分で回数をやんわり管理する必要があります

 

一回につき10回まで吸ってOK、など自分なりのルールを作ればうまく楽しめるかと思います。

 

FLEVOのイマイチな点② : 充電式なので、バッテリー切れすると楽しめない

 

これはFLEVOに限った話ではないですが、電子タバコ故の欠点といえます。カートリッジにはリキッドが残っていたとしても、バッテリー切れしてしまうと吸う事ができません。

 

さきほどのデメリット点と少し被りますが、持ち歩く際は多少計画的に吸うことおすすめします。

 

FLEVOのイマイチな点③ : バッテリーにも寿命がある

 

カートリッジのみに寿命があると思われがちですが、バッテリーにも寿命があります。

 

正常な充電をした場合だと約300回繰り返し充電する事が可能ですが、充電ができなくなて場合、新たにスターターキットを購入する必要があります。

 

電子タバコFLEVOを使用した口コミ・体験談

 

FLEVO 口コミ

 

出典 : dmm.com

 

上記ではFLEVOのメリット・デメリットをお伝えしましたが、実際にFLEVOを吸ってみた感想・口コミ・レビューをお伝えします。

 

まず「買ってよかったか?」というと、「買ってよかった」と言えます。何より1000円弱と値段が安いので、気軽に購入する事ができます。

 

実際に届いてみると、届いたままで吸い始める事ができるのがすごく便利に感じて、味も美味しいし、出だしは非常に好評価でした。

 

ただ長く使っていると、カートリッジがなくなる度に注文をしなくてはいけなかったり、充電を忘れて持ち歩いてしまったりと、多少わずらわしいと感じる部分もあります。

 

そういった多少のわずらわしさもふまえて、カートリッジは多めに購入して、またスターターキットも白と黒のふたつを併用しています。

 

また流行りのiQOSでもなく、タバコでもないので、結構話のネタになったりします。吸わせてあげると大抵の人が欲しがるので、ちょっとしたプレゼント等にもおすすめかと思います。

 

電子タバコFLEVOを実際に吸ってみた口コミ

 

以上が電子タバコFLEVOの口コミになります。

 

最近ではコンビニのレジ横で販売されている姿を見る事もあるFLEVOですが、知名度・人気ともにどんどんと上昇中といった感じです。

 

とにかく値段が安いので、試してみる価値はアリです。気になる方はぜひDMMで詳細をご覧になってみてください!


電子タバコ(VAPE)”使い捨て”のおすすめブランドとは?

電子タバコ 使い捨て

 

電子タバコを使用している方。あるいはこれから電子タバコを試してみたいという方へ。

 

本記事では“使い捨て電子タバコVAPE”に関する、おすすめブランドや実際に吸ってみた感想等をお伝えします。

 

既に電子タバコを経験している人であれば、「リキッドを交換するのが手間だから、使い捨ての電子タバコが良い…」と感じている人も多いかと思います。

 

なので「使い捨ての電子タバコが欲しいけど、どこのブランドがおすすめかわからない」という人はぜひとも参考にしてみてください!

 

そもそも使い捨て電子タバコってなに?

 

使い捨て電子タバコはしっかりと定義されているわけではないですが、ここでは「本体自体の使用が終わったら捨てる」タイプと「リキッド注入部分のみ捨てる」というタイプを”使い捨て電子タバコ”とします。

 

それぞれの特徴ごとにおすすめの電子タバコをご紹介するので、今はなんとなくスルーするくらいで大丈夫です。笑

 

リキッド注入部分のみ捨てるタイプの使い捨て電子タバコ

 

「本体すべてを捨てる」のではなく、本体は残しリキッドが注入されている部分だけ捨てるタイプの、使い捨てVAPEをご紹介します。

 

おすすめの使い捨てVAPE① : CLOUD17

 

電子タバコ 使い捨て

 

出典 : frienbr.jp

 

「値段は気にしないから、クールでリキッド交換が楽な電子タバコが欲しい」という方へ。

 

他の記事でもおすすめしていますが、THE Frienbr SHOPのCLOUD17とてもおすすめです。値段が一万円弱と少々高めなので、予算に余裕がある人向けです。(※もっと安く抑えたい方はここは飛ばして大丈夫です。)

 

CLOUD17はリキッド入りのカートリッジを使用するタイプの電子タバコです。リキッドがなくなってしまったり、味を変えたくなったときは、このカートリッジを付け外しするだけです。

 

あとはなんといってもこのスタイリッシュなデザインです。私はこの見た目に一目惚れをして、買った面が大きいです。笑

 

別記事にて詳しくCLOUD17の特徴やレビューをお伝えしているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください!

 

おすすめの使い捨てVAPE② : FLEVO

 

電子タバコ 使い捨て

 

出典 : dmm.com

 

「値段を安く抑えたい」「サイズの小さいVAPEが良い」という方へ。

 

DMMのFLEVOという電子タバコは980円(税抜)とかなり激安価格で、サイズ感が通常のタバコと同じくらいです。

 

FLEVOも通常の電子タバコとは異なり、フレーバーがカートリッジ式になっており、リキッドを変えたい時も、くるくる回して違う味を装着させるだけでいいんです。

 

980円(税抜)と聞くととても安く感じるかもしれませんが、1つ注意点が。ひとつのフレーバーカートリッジで、240回しか吸えないので長く吸う事を考えると、先ほどご紹介したCLOUD17とそこまで大差ありません

 

「使い捨ての電子タバコを激安価格でとりあえず試してみたい」という人にはとてもおすすめの電子タバコだと言えます。FLEVOを実際に吸ってみた感想や、スペックの紹介等も別記事でしているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめの使い捨てVAPE③ : C-Tec

 

電子タバコ 使い捨て

 

出典 : c-tec.style

 

FLEVOと価格帯も似ていて、また質も高いのがC-Tecという商品です。値段は2,300円(税別)とこれまた安価です。

 

それではFLEVOとの違いは何か?というと

 

「多少の値段の違い」「フレーバーの種類が異なる」「サイズ感が異なる」といった点があげられます。

 

これらの違いを端的にお伝えします。

 

まず初期費用をとにかく安く済ませたいという人は、FLEVOがおすすめです。吸引回数を比較すると、値段の差はそこまでないのですが、「やはり初期にかかるお金が少ない方が良い」という方も多いかと思います。そういう方はFLEVOの方が手を出しやすいかな、という印象です。

 

続いて「様々なフレーバーを楽しみたい、あるいはフレーバーの種類で電子タバコを決めたい」という人は、両者のフレーバーを比較してみてください。

 

そして「タバコくらいの小さいサイズが良い」という人はFLEVOかCloud17がおすすめです。C-Tecの唯一のデメリットポイントが、サイズが少し大きいと個人的には感じているのですが、そのサイズ感が気にならない方にはとても良い商品だと思います。

 

本体ごと捨てる使い捨てVAPE : VITABON(ビタボン)

 

VAPE 使い捨て

 

出典 : amazon.co.jp

 

「ビタミンが摂取できる!」という事で話題になったビタボンですが、こちらの商品は一度使ったら本体ごと捨てるというタイプの使い捨て電子タバコです。

 

さんまさんが出演しているテレビで紹介されたことからも、一躍注目を浴びたタイプの電子タバコですが、個人的な感想としては「コスパが悪く、味も薄い」というのが正直なところです。リキッド部分のみでなく本体ごと使い捨てなので、その分コストがかかり、またシンプルに味があまり美味しくないな〜と感じました。

 

テレビの力というのはやはり偉大で、一時期はとても人気があった商品ですが、今はAmazonなどの口コミをみてもなかなか悲惨な結果となっております。

 

個人的には先に紹介したタイプの、“リキッド注入部分のみ使い捨て”タイプの電子タバコの方が、コスパが良いなと感じます。

 

まとめ

 

今回はリキッド交換が不要、かつメンテナンスも必要がない“使い捨てタイプの電子タバコブランド”をご紹介しました。

 

他にも色々と種類はありますが、実際に吸ってみておすすめだなと感じた電子タバコをご紹介しています。(※ビタボンは比較のために入れました笑)

 

「使い捨て電子タバコを探していた!」という方はぜひとも参考にしてみてください!


CLOUD17電子タバコの口コミ・レビューをご紹介。男性におすすめ!

CLOUD17 口コミ

 

出典 : frienbr.jp

 

男女ともに人気が高いTHE Frienbr SHOPから、男性向けの電子タバコCLOUD17が登場しました。

 

斬新なフォルムでクールなデザインで早くも話題沸騰ですが、CLOUD17の特徴やレビューなどをご紹介いたします。フォルム・デザインはもちろんですが、その点以外にも通常の電子タバコとは異なるいくつかの点があります。

 

「CLOUD17が少し気になっている」という方はぜひとも参考にしてみてください。CLOUD17の特徴とメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

 

CLOUD17のメリット① : デザイン

 

CLOUD17 口コミ

 

出典 : frienbr.jp

 

まずはなんといってもこのデザインですね!

 

CLOUD17はみていただければわかるように、一見すると「電子タバコなの?」というようなフォルムをしています。最近の電子タバコといえば、長細く通常のタバコに似通ったデザインのものが多かったかと思いますが、CLOUD17は手のひらに馴染むようなフォルムになっています。

 

カラーはマットブラックで質感も非常によく、高級感があります。とはいえ悪目立ちをするようなデザインでもないので、普段使いにも問題なく使用いただけます。パイプ型の電子タバコが一時期流行りましたが、そこまで奇抜なデザインというわけではないので、喫煙所にいけば「あれなんだろう…?」と少し目を引く程度になりかと思います。

 

実際に吸い込んでみるとブルーライト部分が光り、夜の暗い場所で使うと少し目立つといえます。

 

CLOUD17のメリット② : 機能性

 

CLOUD17 口コミ

 

出典 : frienbr.jp

 

1. 洗浄いらず。ワンタッチでリキッド交換が可能。

 

CLOUD17の特徴のひとつとして、“リキッド注入が不要”という事がいえます。

 

従来の電子タバコでは、リキッドをこまめに補充する必要があったかと思います。同じ味を使い続ける分にはそこまでわずらわしさはないですが、リキッドの味を変えるときは洗浄する必要があったりと、「メンテナンスが地味にめんどくさい…」と感じていた人も多いのではないでしょうか。

 

しかしCLOUD17の電子タバコでは、リキッド入りのカートリッジを交換するだけでいいんです。

 

「掃除がめんどくさい」「色々な味を好きなタイミングで楽しみたい」という人にはかなりのメリット部分と言えるでしょう。

 

2. 充電が長持ち。頻繁に充電する手間がありません。

 

電子タバコは充電がなくなると吸えなくなってしまうのが、少し煩わしい部分ですよね。

 

CLOUD17では標準マイクロUSBにて充電可能となっており、また一度の充電で3日程度の使用が可能です。(※もちろん個人差はあります)

 

iQOSや従来の電子タバコよりも充電が長持ち、という点は人によってはかなりの利点といえます。

 

CLOUD17のメリット③ : サイズ感

 

CLOUD17 口コミ

 

出典 : frienbr.jp

 

画像では伝わりづらいのですが、CLOUD17は手のひらサイズでかなりコンパクトです。

 

細長い電子タバコ等だとポケットに入れると先っぽの部分が出てしまったり、ケースを購入する必要があったりしますが、CLOUD17はポケットにも収納できるサイズになっています。

 

上記でお伝えした部分は、CLOUD17のメリット部分ですが、CLOUD17のデメリット部分もご紹介します。

 

CLOUD17のデメリット① : 味のレパートリーが少ない

 

CLOUD17 口コミ

 

出典 : frienbr.jp

 

CLOUD17に対応しているリキッドは、現時点(2017/02/02)でストロングメンソールとマスカットの2種類しかありません。

 

「他の味を楽しみたいんだけど…」という方にはおすすめできません。

 

ただTHE Frienbr SHOPのリキッドの中で、ストロングメンソールとマスカットは中でも人気のフレンバーなので、初めての方や好みのリキッドがまだわからないという方はそこまで気にならない点かと思います。

 

CLOUD17のデメリット②(?) : 多少目立つ

 

CLOUD17 口コミ

 

出典 : frienbr.jp

 

やはりフォルムやデザインが通常の電子タバコやタバコとは異なるので、少し目立ちます。

 

人によっては「あんまり突っ込まれるのはめんどくさいな」とデメリットととらえる方もいるかもしれないので、一応デメリット部分としておきました。

 

ただiQOSが市民権を獲得したのと同様、最近では様々な電子タバコを吸っている人をみかけます。少しの話題のネタにもなるので、「そこまで気にしないよ〜」という方にはむしろメリットのポイントであるといえます。

 

CLOUD17の感想・レビュー

 

実際にCLOUD17を使ってみた感想としては、「とにかく楽」という事です。

 

DMMから発売されたFLEVOを試したときにも感じましたが、やはりリキッドを注入するというフローがないで、大分楽な印象を受けます。

 

届いたものにカートリッジを入れるだけですぐに使えるので、電子タバコ初心者の方も問題なく使用できます。

 

まとめ

 

以上がCLOUD17の特徴や実際に使ってみたレビューになります。CLOUD17をおすすめできる人は下記に該当する人といえます。

 

・通常の電子タバコとは異なるデザインのものが欲しい

・リキッドの入れ替えが楽な電子タバコが欲しい

・充電が長持ちな電子タバコが欲しい

・手のひらやポケットに収まる電子タバコが欲しい

 

以上に該当する人は購入を検討する価値アリです!THE Frienbr SHOPではさらに詳細がみれるので、気になる方はぜひご覧になってみてください。